[ad01]

スポンサーリンク

今週のハマスカ放送部は音響機器がテーマ~イヤホンやヘッドホンに興味のある人は楽しめるはず~

みなさんこんにちは。このブログを書いている東急三崎口です。

今回は雑記です。前回の雑記では、乃木坂46の神宮ライブ2日目に配信で参戦して人がライブに行く気持ちがわかった件について書きました。今回は、今週のハマスカ放送部の音響機器特集について書きます。イヤホンやヘッドホンに興味がある方は楽しめると思います。

1週間ぶりのハマスカ

先週はハマスカ放送部はお休みで、1週間ぶりの放送になりました。今週のテーマは、音楽業界の革命的商品ニュースでした。革命的って言っても、そんな革命的なものは出てこないだろうと高をくくっていたんですが、意外と面白い商品がありました。特に面白かったのは、イヤホンとヘッドホンの話です。今週(2022/8/29放送分)の放送は、9/6まで見逃し配信で観ることができます。リンク先はこちらです。また、番組では放送されていない部分もYoutubeで配信されています。Youtubeの配信は特に視聴期限はないですが、見逃し配信は1週間しか見られないので、見られていない方はぜひご覧ください。(関東に住んでいる人ならリアルタイムで観れるかもしれないけど、関西でも遅れネットだし、放送してない地域も多いから、リアルタイムでテレビで観てる人ってどのくらいいるんだろう?と思ってしまいます。)

イヤホンの音質にこだわっていた友人

内容は見逃し配信を見ていただければいいんですが、私が注目したのはイヤホンの部分です。イヤホンと言えば、忘れられないエピソードが一つあります。高校生の頃、イヤホンにめちゃめちゃ凝っていた友人がいました。その友人曰はくイヤホンによって全然音が違うと言っていて、普段聴くイヤホン用にアンプを持ち歩いていたような記憶があります。イヤホンを使うためだけに、アンプを持ち歩く人いるんだろうか?と当時も思っていましたが、その友人以外に会ったことがありません。

今回ハマスカ放送部で取り上げられていたイヤホンは、ソニー製のものでイヤホンのドライバに穴があいていて、周囲の音も聴きながら音楽を聴ける製品でした。商品はこちらのもののようです。


エンジニアとして面白いと思ったところは、音楽を「聴く」ための製品であるイヤホンに穴をあけて、外の音をが聞こえるように設計しているところです。通常、音楽を聴くために限定して考えれば、イヤホンに穴をあけるとその分内部の機械に使える部分が減ってしまうので、性能としては落ちるのが通常です。音質を上げるという方向性だけでは、イヤホンに穴をあける発想には至らないのが普通です。しかし、イヤホンに穴をあけることで外の音がようになることをメリットとしてとらえて、音を聴くための製品であるイヤホンに穴をあけて商品化してしまうソニーの懐の広さに感動しました。エンジニアをしていないと共感してもらえないかもしれませんが、一般的にイヤホンの性能を上げることにしか目が向かないので、イヤホンにわざわざ穴をあけるという発想にいきつかないです。仮に、社内で提案をしたとしても、「そんなもの売れるわけないだろう」蹴られる確率が非常に高いです。それが製品化されているわけですから、素晴らしい会社だと思います。

ミュージシャンにはイヤホンは仕事道具

前回の雑記で、乃木坂46のライブの件を書きましたがミュージシャンからすると、イヤホンは趣味の道具ではなく、仕事道具になるんだろうと思いました。大きなライブ会場のスピーカーから出る音を近くでダイレクトに聴いていたら、そのうち難聴になりそうですし、会場が広ければ広いほど、場所によって音がずれて聴こえるでしょうし。先ほど出てきた、イヤホンにこだわっていた友人は、ミュージシャンがライブでつけている特注のイヤホンを買いたいとしきりに言っていました。(正確に言うと、ミュージシャンがライブで使っているのは、ただのイヤホンではなくイヤーモニターというそうです。外からの音を遮断して、自分の声や他の人の声をクリアに聴こえさせるためのものです。) 当時だと、特注のイヤホンを買うと10万円くらいしたそうで、さすがにそれは買えないと友人が言っていた覚えがあります。ミュージシャンからすると、10万円くらい大した金額ではないかもしれませんが、高校生からすると大金です。というわけで、ハマスカ放送部を見ていたら10年前くらいの忘れられない思い出を思い出すことができました。一応音楽番組という扱いになっていて、深夜番組だからかもしれませんが、ニッチなところを攻めているので見ていて面白いと思います。

まとめ

今回の記事は、今週のハマスカ放送部の音響機器特集について書きました。今回の記事は短いですがここまでです。記事の中でよくわからない点がありましたら、コメント欄かお問いあわせフォームからご連絡いただければお返事できるようにいたします。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

雑記

Posted by tokyu351