[ad01]

スポンサーリンク

乃木坂46 30thシングルを配信日に歌ってきた~好きというのはロックだぜ!~

みなさんこんにちは。このブログを書いている東急三崎口です。

今日はカラオケの記事です。カラオケ編の前回は、乃木坂46のシンクロニシティで初めて100点が取れたので、途中経過を含めて100点を取るまでの流れについて紹介しました。今回は乃木坂46の30thシングル「好きというのはロックだぜ!」を配信初日に歌ってきたことについて書いていきます。

配信初日にチャレンジ

今回歌ってきたのは、乃木坂46の30thシングル「好きというのはロックだぜ!」です。20228/31に発売で、乃木坂46の30枚目のシングルってことで、30枚って区切りのシングルになっています。センターは4期生の賀喜遥香が務めています。私は、カラオケに行くというと95%以上DAMですが、DAMの場合新曲の配信は金曜日のようなので、9/2(金)の配信日に歌ってきました。

初回で98.5点越え達成

配信初日に初めて歌った結果がこちらです。

精密採点DX-Gのボーナス点込みですが、初回で98.5点超えでした。配信初日に全国平均点が出ているのも驚きでしたが、正直できすぎな気がしています。もともと、歌いやすい感じの曲だったのもあると思います。レーダーチャートを見ると、無難に各項目9割くらいになっているのが一つ高得点につながった結果かなと思っています。なにより、初回チャレンジで音程正確率が92%になっているのが、高得点の大きな原因です。だいたい、初回にチャレンジする曲は、ところどころ音程がわからない部分があって、音程正確率が低くなって総合点が低くなってしまいがちです。普段から、ラジオのオールナイトニッポンや乃木坂46のメンバーがパーソナリティーをしているラジオを聴いていて、そこでよく流れていて何回も聴いていたのが音程正確率が高くなった理由かもしれません。おそらく、私が今までカラオケで初回に入れた曲の中で総合点が一番高いケースかもしれません。

目指せ100点

初回で98.5点が取れたので少し満足した気持ちはあるんですが、そうなったら100点を取りにいきたくなるのが人間の欲深さというものです。100点を取りにいくために、初回の採点結果の分析をするとチャート合計点が457点になっています。100点を取ろうとすると、ざっくりチャート合計点が475点くらいが目安になります。そうすると、チャート合計点であと18点稼ぐ必要があります。どの評価項目に割り振ってもいいんですが、私はビブラート&ロングトーンで稼ぐのが得意なので、こんな感じの割り振りを目指します。

  • ビブラート&ロングトーン:92→97(+5点)
  • リズム:94→99(+5点)
  • 表現力:91→95(+4点)
  • 安定性:88→95(+7点)
  • 音程正確率:92→93(+1点)
  • チャート合計:457→478(+22点)

音程正確率が現状維持だったとしても、ビブラート&ロングトーンとリズムは、それほど苦労することなく上げることができそうです。あとは、安定性をうまくカバーしてやれば100点を取れるスコアにもっていけるのではないかと思っています。こんな感じで考えた割り振りにチャートがなるように意識して、2回目のチャレンジで100点を目指します。2回目のチャレンジで100点が取れたら記事にします。

まとめ

今回は、乃木坂46の30thシングル「好きというのはロックだぜ!」を配信初日に歌ってきたことについて書きました。今回の記事は短いですがここまでです。記事の中でよくわからない点や、練習しているけど上手くできないということがありましたら、コメント欄かお問いあわせフォームからご連絡いただければお返事できるようにいたします。実は、今回の記事が投稿99記事目でした。(こんなの書いてる本人しかわかりませんよね。。。)というわけで、次回は100記事達成記念記事を書きたいと思っています。50記事達成の時に思っていたことと、100記事までたどりついて何が見えてきたのかを書いていきたいと思っています。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

カラオケ

Posted by tokyu351