[ad01]

スポンサーリンク

精密採点DXで90点を目指すには?(5) カラオケ採点結果の見方(ロングトーン編)

2022年7月5日

みなさんこんにちは。このブログを書いているtokyu351です。

前回の投稿では、実際に点数を上げていくにはどうしたらいいのか(ビブラート編)として、ビブラートについて解説しました。今回は、実際に点数を上げていくにはどうしたらいいのか(ロングトーン編)として、ロングトーンについて解説していきます。

ロングトーンとは?

前回はビブラートについて解説しました。ビブラートとロングトーンは、合わせて評価されていますが、そもそもロングトーンとは何でしょうか。ロングトーンは曲の中で1秒以上伸ばす部分の声が、どれだけ安定して出せているかを判定しています。長く伸ばす部分で声が震えていると減点されます。ロングトーンは、他の項目と違って、プラスの要素を足して積み上げるというより、スタート時に満点だったものが減点されていくようなイメージです。曲中で1秒以上伸ばす部分なんて、たくさんあるじゃないかと思われる方もいらっしゃるかと思います。1秒以上伸ばす部分はすべて評価の対象になっていると思っていただいて問題ありません。ロングトーンは、純粋に「上手さ」だけで評価されます。

ロングトーンの表示のされ方

ロングトーンは写真のように表示されます。◆の数が増えれば増えるほど評価が高く、最大が10、最低が0です。写真のように◆が4つあるので、評価値は8になります。

どうやったらロングトーンの上手さが上がるの?

ロングトーンの内容はわかったとして、どうすればロングトーンの「上手さ」を伸ばすことができるのでしょうか。方法は2つあります。1つ目は、「1秒以上伸ばすフレーズで震えないように一定の音で歌うこと」です。2つ目は、「1秒以上長く伸ばす場所を最低限にすること」です。それぞれ、解説します。

1つ目の方法は、正攻法で単純に練習して長く伸ばす部分を全部の箇所で震えることなく伸ばせるようにします。長く伸ばす箇所といえば、例えばCry Babyのサビの部分に出てくる「土砂降りの夜に~~~~~」の~~~~~の部分です。Cry Babyのサビは、かなり音程が高いですが、ロングトーンを高く保つためには、~~~~~の部分で声を震えないように伸ばして出す必要があります。頭ではわかっていても、実践するとなかなか難しいです。しかし、できるようになると、いろいろな曲で応用が効くのでぜひチャレンジしてみてください。

2つ目の方法は、邪道ですが、1秒以上伸ばす箇所を最低限にして、他の部分では長く伸ばして歌わないことです。ロングトーンの評価は、最初が満点で長く伸ばす箇所で声が震えるたびに減点されていくような仕組みになっています。ということは、曲の中で一か所震えないようにロングトーンを出してしまって、他の箇所は1秒以下しか伸ばさないようにすれば、理論上ロングトーンは減点されないということになります。この方法は、もともとの曲で伸ばす部分の大半を伸ばさないようにして歌う必要があるので邪道といえば邪道ですが、どうしてもロングトーンがの評価が伸ばせないという方は使ってみてくだださい。1つ目の方法でロングトーンを伸ばそうとしてもなかなか評価が伸びない方は、ビブラートとの合わせ技(今回の記事でのちほど解説します)もあるので、2つ目の方法と並行してやっていただけるとヒントがつかめると思います。

長く伸ばすフレーズの音程に注意

ロングトーンの「上手さ」を上げる方法を紹介しました。ロングトーンは、1秒以上伸ばす箇所がどれだけ安定しているかを評価しています。ここで考えてみてください。みなさんがカラオケで入れている曲で長く伸ばす部分の音程はどのくらいの高さでしょうか。自分が出せる音の限界ギリギリの高さになっていることってありませんか?流行りの曲だと、結構高い音で長ーく伸ばす部分とかもでてきます。聴いているときは、そこが魅力的に感じるんですが、いざ自分が歌うとなると、難しい部分に様変わりします。また、長く伸ばす部分の音程が低すぎる場合も安定して出すことが難しくなります。低い音を安定して長く伸ばすのって結構難しいんです。ですので、練習するときには自分が出せる音程のギリギリではないところで長く伸ばす部分がくる曲がおすすめです。

ビブラートとの合わせ技で点数UP

ロングトーンを伸ばすためには、「長く伸ばす部分を安定して出す」or「長く伸ばす部分を最低限まで減らす」の2つの方法があることは解説しました。ロングトーンの評価を上げようとすると、この2つが効果的です。しかし、ビブラートと合わせることでもう一つ方法が生まれます。ビブラートに関しては前回の記事で解説しました。実は、長く伸ばす部分であったとしても、ビブラートをかけるとロングトーンの評価から除外される仕組みになっているんです。つまり、ロングトーンを評価してほしい部分にはビブラートをかけずに安定して伸ばし、それ以外の部分ではビブラートをかけることでロングトーンの評価対象から外すことができれば、ロングトーンを効果的に高めることができます。これをするためには、曲の中でロングトーンを狙う箇所をどこに設定するのかあらかじめ考えておく必要があります。何回か歌ったことのある曲であれば、自分が一番安定して伸ばせる部分がどこ場所でどの程度の音程なのかを知ることはできると思うので、狙う部分を決めてからしっかり評価を取りに行くようにしてもらえればロングトーンの評価をきっちり取ることができるようになります。

ビブラート&ロングトーンでどのくらいを狙えばいいの?

では、ビブラート&ロングトーンの項目を狙うときにどの程度を狙えばよいのでしょうか。ビブラート&ロングトーンの評価項目では、ビブラートとロングトーンの両方を合わせて評価しています。現状、ビブラートとロングトーンが安定して点数が取れていない方であれば、ビブラートの上手さとロングトーンの上手さが両方6以上取れるように練習してみましょう。

写真のように、ロングトーンの上手さが6、ビブラートの上手さが6の場合で、ビブラートが10秒程度しか入れられていない場合でもビブラート&ロングトーンの評価値は85点になっています。ビブラート&ロングトーンが85点程度取れれば総合点で90点を取りにいくことはできるので、まずはビブラートとロングトーンを同時に6以上取れるように練習してみてください。

すでにビブラートとロングトーンをある程度高得点を取ることができていて、総合点で95点以上を狙いにいっている方がもしいらっしゃれば話は変わってきます。いろいろな曲で安定して高得点を狙いたい場合は、ビブラートとロングトーンともに、上手さ8以上を狙ってください。両方8以上をコンスタントに取ることができれば、ビブラート&ロングトーンに関して困ることは少ないでしょう。ただ、ビブラート&ロングトーン以外の項目が90点以上取れていれば、ビブラート&ロングトーンが低くても95点超えは可能です。

ビブラートとロングトーンがかみあっていないとき

ビブラート&ロングトーンの項目がどう評価されていて、どの程度を狙うべきかをこれまで解説してきました。ビブラートとロングトーンは合わせて評価されるので、ビブラートの上手さとロングトーンの上手さをそれぞれ変えた(変わったの方が正しいかな?)ときに、ビブラート&ロングトーンの評価がどうなるか参考程度にご紹介します。それでは、私の採点結果から3つのパターンを紹介します。

  • 例1:ビブラートの上手さ「高」 ロングトーンの上手さ「低」の時
  • 例2:ビブラートの上手さ「低」 ロングトーンの上手さ「高」の時
  • 例3:ビブラートの上手さ「低」 ロングトーンの上手さ「低」の時

例1のビブラートの上手さが「高く」ロングトーンの上手さが「低い」ときの例はこんな感じになります。

例1:ビブラートの上手さ「高」 ロングトーンの上手さ「低」

写真のように、ビブラートの上手さが8でロングトーンの上手さが0の時、ビブラート&ロングトーンは70点になっています。高い数値ではありませんが、ビブラートの上手さが8以上あればロングトーンと合わせて70程度は取れます。

次に、例2のようにビブラートの上手さが「低く」ロングトーンの上手さが「高い」とどうなるかをご紹介します。

例2:ビブラートの上手さ「低」 ロングトーンの上手さ「高」

ビブラートの上手さが0でロングトーンが高い場合が少なかったので、このような内容になっています。ビブラートの上手さが1.5でロングトーンの上手さが9の場合、ビブラート&ロングトーンは85点になっています。やはり、ビブラートとロングトーンのどちらかが、低いとビブラート&ロングトーンの項目で90点を超えるのは難しくなっているように感じます。

最後に、例3のビブラートもロングトーンもどちらも低い場合どうなるかをご紹介します。

例3:ビブラートの上手さ「低」 ロングトーンの上手さ「低」

この場合ビブラートの上手さもロングトーンの上手さも0です。ビブラート&ロングトーンの評価項目は5点になっています。(涙) このように、ロングトーンとビブラートのどちらも評価が取れないとビブラート&ロングトーンの項目が極端に低くなってしまいます。

ビブラートとロングトーンがかみあっているとき

最後に、最終的に到達したい、ビブラートの上手さとロングトーンの上手さが8以上の状態を両立できている結果を紹介します。

ビブラートの上手さとロングトーンの上手さが両立できている場合

ビブラートの上手さが8、ロングトーンの上手さが9になっていて、ビブラート&ロングトーンは96点になっています。この程度までビブラート&ロングトーンの項目が取れるようになれば、高得点を狙えるようになります。100点を目指す場合は、もう少し高得点を狙いたいですが、97点までであればほかの項目を伸ばしていくことで十分到達することができます。

ロングトーンのない曲はどうしたらいいの?

ここまで、ロングトーンの伸ばしかたを解説してきました。ビブラートと組み合わせることで高得点を狙うことができます。しかし、みなさんが歌うたい曲によっては「1秒以上伸ばす場所なんてないよ」と言いたくなる曲もあるかもしれません。例えば、ボーカロイドの曲ではほとんど1秒以上伸ばす箇所が無いものもあります。そんな曲で高得点が取りたくて、ロングトーンを伸ばしたいという方。方法は1つしかありません。その曲の中で短いでしょうが、一番伸ばしている部分の音程をビブラートをかけずに安定してだすことです。ロングトーンが低い場合の例でボーカロイドの「パラジクロロベンゼン」の採点結果を出していますが、こういう曲はそもそもロングトーンを高く出すことが難しいです。全体的な得点も低くなりがちなので、精密採点で高得点を出すということに限れば向いていない曲と言わざるを得ません。しかし、上達するとボーカロイドの曲でも90点超えを達成することはできるので、慣れてきたら挑戦してみてください。(結構難しいです。)

ロングトーンの練習向けの曲

最後に、ロングトーンを練習したいけど効率的に練習するにはどんな曲がいいのかわからないという方向けに、ロングトーン練習のためのおすすめ曲をお伝えします。

  • 秋桜(山口百恵)
  • 贈る言葉(海援隊)
  • Rain(秦基博)
  • 神田川(南こうせつとかぐや姫)

ロングトーンが出しやすい曲は他にもたくさんあります。ただ、大抵の曲は曲中で一番高い音やそこに近い音程でロングトーンを出していることが多いので、ロングトーンの練習をやるには難しいことが多いです。そこで、なるべくサビの高い部分にロングトーンがない、または高い部分にロングトーンがあっても、そもそもの音域が狭い曲をピックアップしました。ロングトーンは一度つかめれば、他の曲でも応用できるのでぜひ練習してみてください。

今回は、精密採点で高得点を取るためには?ということでロングトーンについて解説しました。長くなりましたがここまで読んでくださりありがとうございます。記事の中でよくわからない点や、練習しているけど上手くできないということがありましたら、コメント欄かお問いあわせからご連絡いただければお返事できるようにいたします。次回は、「精密採点でビブラート&ロングトーンの次に重要な項目」か「歌いたい曲はあるんだけど、高くて歌えないときはどうしたらいいの?」ということについて解説していきたいと思っています。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

カラオケ

Posted by tokyu351