[ad01]

スポンサーリンク

精密採点DXで90点を目指すには?(7) カラオケ採点結果の見方(安定性編)

2022年7月5日

みなさんこんにちは。このブログを書いているtokyu351です。

前回の投稿では、実際に点数を上げていくにはどうしたらいいのか(表現力編)として、ビブラートについて解説しました。今回は、実際に点数を上げていくにはどうしたらいいのか(安定性編)として、安定性について解説していきます。

そもそも安定性とは?

そもそも、安定性とはどんなものなのでしょうか。安定性は、一言で表すと1秒以上伸ばす部分でどれだけ音を震えさせずに安定して出すことができるかということを評価しています。要は、伸ばす部分で正しい音程で音の震えがないかどうかを見ているのです。

どう判定されるの?

安定性は、1秒以上伸ばす部分で声の震えがないかどうかが自動的に判定されます。ほかの項目と違って、安定性は最初の持ち点が満点で、そこから声の震えがあると減点されていく仕組みになっています。なので、曲を途中で演奏停止にすると、安定性で減点がなされていないと100点が出ることがあります。1秒以上伸ばす部分がほとんどない曲でも同様に安定性が高くでることがあります。

高得点を取るためには?

安定性で高得点を取るためにはどうしたらいいのでしょうか。それは、「1秒以上伸ばす部分を最低限まで減らす」か「1秒以上伸ばす部分で1か所だけビブラートを入れずに伸ばし、他の部分はビブラートを徹底的に入れる」ことの2つです。前者が狙っているのは、そもそも安定性を評価される部分を極限まで減らして、1か所だけ安定性を評価されるようにして100点近くを取ることです。後者の狙いは、ビブラートが入っていれば安定性が判定されないことを利用して、安定性の判定される部分を減らして高い得点を取ることです。ビブラートがきれいにかけられると、安定性とビブラート&ロングトーンを同時に上げることができるようになるので、ぜひ挑戦してみてください。

減点されやすいポイント

ビブラートを入れると、安定性が判定されないことを利用して、ビブラートをガンガン入れていくことで安定性を高めることができます。しかし、ビブラートはもともと音を震わせる技術なので、ビブラートを入れようとしてビブラートが入っていると判定されないと、安定性が大幅に減点されてしまうことがあります。特に、小さい声でビブラートを入れようとしたときに、ビブラートを入れているのにビブラートが判定されないことが多いので、気を付けてください。

安定性で高得点を取るのが難しい

安定性は、精密採点の評価項目の中で一番点数を伸ばすのが難しい項目です。曲の全体を通して、音の震えを少なくして、かつビブラートをきれいに入れていかないとなかなか高得点が取れないからです。安定性を上げるには、ボックス型のビブラートを安定して入れる技術があり、音程で80%を超えている必要があります。安定性は、極端に低い点数(10点や20点のような点数)は出にくい項目なので超高得点(95点以上)を狙うのでなければ、ビブラートや音程の評価を高くすることが必須です。超高得点を狙う場合には、安定性で90点以上を取れるかどうかが効いてくるので、練習してみてください。

今回は、精密採点で高得点を取るためには?ということで安定性について解説しました。長くなりましたがここまで読んでくださりありがとうございます。記事の中でよくわからない点や、練習しているけど上手くできないということがありましたら、コメント欄かお問いあわせからご連絡いただければお返事できるようにいたします。次回は、「精密採点の最後の項目(リズム)」か「歌いたい曲はあるんだけど、高くて歌えないときはどうしたらいいの?」ということについて解説していきたいと思っています。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう

カラオケ

Posted by tokyu351