[ad01]

スポンサーリンク

今週のハマスカ放送部は超有名な声の主がテーマ~誰でも一度は聴いたことがあるはず~

みなさんこんにちは。このブログを書いている東急三崎口です。

今回は雑記です。前回の雑記では、新海誠さんの最新作「すずめの戸締まり」が2022/11/11(金)公開なので新海誠さんの映画について書きました。今回は、今週のハマスカ放送部で超有名な声の主がテーマだった件を紹介します。ハマスカ放送部については、毎週書いているんですが、今週も相変わらず書きます。前週は、ジャンク楽器を修理する回でした。前週の内容はシュールでしたが、今週もなかなかシュールです。

聴いたことのある声の仕事人

今週(2022/11/7深夜放送分)のハマスカ放送部のTverのリンクはこちらです。2022/11/15の0:20まで見ることができるので、まだご覧になっていない方は見てみてください。放送でOAされていない未公開部分のYoutubeリンクはこちらです。

今週の放送は、聴いたことのある声の仕事人というテーマで、誰もが聴いたことがあるであろうナレーションをされている方がスタジオに来られるという企画でした。まだ、放送を見られていない方は、ぜひ見てみてください。登場されていた方は、「お風呂・カーナビ・留守番電話の声」「新幹線の英語アナウンス」「auのCMナレーション」の3人でした。ハマオカモトさんと、飛鳥さんが4つまで質問をできて、早押しで何の声の方か答えるという形式です。4つ質問をしても答えがわからない場合は、特別ヒントが与えられるって形式でした。

お風呂・カーナビ・留守番電話の声

最初の方は、もともと空港の受付をされていた方だそうです。お風呂が沸いた時に流れる「お風呂が沸きました」という声をされています。今の家では、風呂を沸かすのが自動でできないので普段聴くことはありませんが、実家では毎日聴いていたように思います。番組では、ハマオカモトさんと飛鳥さんが考える理想のお風呂のが沸きましたのアナウンスを実演してもらうという流れでした。飛鳥さんが、自分の理想に突っ走ってて面白かったです。

新幹線の英語アナウンス

次に登場された方は、新幹線の英語のアナウンスをされている方だそうです。新幹線といっても、東海道山陽新幹線のアナウンスのようです。東海道山陽新幹線は、日本に住んでいると一度は乗ったことがある方が多いと思います。乗るたびに自分の声が流れてくるって、どんな気分なんでしょうね。ご本人は、「Proud」とおっしゃっていました。誇らしくは感じるものの、少し恥ずかしさも感じるような気がします。電車のアナウンスが自分の声だったとしたら、すごい恥ずかしいさを感じると思います。

新幹線の英語アナウンスで、列車名・喫煙禁止・東京到着前に止まる駅名を、ハマさんと飛鳥さんが自由に考えて実演してもらうという流れでした。列車名って、東海道山陽新幹線だと「のぞみ」「ひかり」「こだま」「みずほ」「さくら」が実在します。飛鳥さんは、飛鳥にしてましたね。実際に特急列車の名前で、飛鳥ってありそうだけど聴いたことないなと思ったんですが、調べたら実際にあったみたいです。1965年から1967年の2年くらいだけ存在した、名古屋~東和歌山を結んでいた特急のようです。ある程度鉄道に関しては、詳しいつもりだったんですが知りませんでした。

あとは、喫煙禁止のアナウンス(Smoking is not allowed on this train)のSmokingを自由に変えられるという設定でした。飛鳥さんは「飛鳥以外入れない」というセリフを頼んでいて、本当にシュールでした。自分専用の新幹線って、一回やってみたい気はしますが、そのうち寂しくなってきそうです。

最後に、東京到着前に止まる駅名を「飛鳥の家」にしてました。東京に到着する前に、自分の家に新幹線が止まってくれる世界があったら、いいなぁなんて思ってしまいました。

auのCMのナレーション

3人目で紹介されていたのが、auのCMのナレーションをされている方です。年齢が驚きで、放送時点で22歳だそうです。今22歳なのに、8年前から担当されているそうで、ただただすごいなと思ってしまいました。auの「990円で通話し放題」みたいな文面のナレーションをされているそうです。990円で○○し放題と、○○の部分を自由に考えるって流れだったんですが、ハマオカモトさんが、○○の部分を寝坊にしていました。現実的で、990円で寝坊し放題だったら990円くらい払いたいなぁなんて思ってしまいました。飛鳥さんは、小ねぎかけ放題にされてました。ネギかけ放題で990円って、高いよな・・・なんて思いましたが、あのクラスまでいくとネギかけ放題990円でも安く感じるんでしょうかね。

何はともあれ、一度は聴いたことのある声の方を実際に見てみると、ナレーションは実際の人が声を入れていて、それを仕事にされている方がいらっしゃるんだなぁと思わされました。世の中は広くて、自分の知らない世界が広がっていることを思わされた気がします。

飛鳥さんの卒業の件は触れず

ハマスカ放送部は、齋藤飛鳥さんが乃木坂46から卒業するのを発表されてから最初の放送回でしたが、番組内では特に触れられていませんでした。おそらく、ハマスカ放送部は固め撮りなので公表前に収録があって、飛鳥さんが卒業されるのは伏せられていたんだろうなぁって勝手に想像していました。飛鳥さんが乃木坂46から卒業されるのは寂しいですが、ハマスカ放送部自体は番組の企画が面白いので、続いてほしいと思っていますし、ハマオカモトさんと齋藤飛鳥さんがレギュラーですけど、企画がやっぱり面白いので、つい見たくなってしまう番組です。もし興味があれば、だまされたと思って一度見てみてください。

まとめ

今回の記事は、今週のハマスカ放送部で超有名な声の主がテーマだった件を紹介しました。記事の中でよくわからない点がありましたら、コメント欄かお問いあわせフォームからご連絡いただければお返事できるようにいたします。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

雑記

Posted by tokyu351