[ad01]

スポンサーリンク

精密採点DXで90点を目指すには?(8) カラオケ採点結果の見方(リズム編)

2022年7月5日

みなさんこんにちは。このブログを書いているtokyu351です。

前回の投稿では、実際に点数を上げていくにはどうしたらいいのか(安定性編)として、ビブラートについて解説しました。今回は、実際に点数を上げていくにはどうしたらいいのか(リズム編)として、リズムについて解説していきます。

そもそもリズムとは?

そもそも、精密採点のリズムとは何を判定しているのでしょうか。一言でいうと、採点しているときの音程バーのタイミング通りに声を出し始められているかを見られています。採点中に、音程バーと横にスクロールしていく縦の棒が出てくると思います。この縦の棒の動きに合わせて、音程バーに音を入れられていればリズムが合っているいると判定されます。

採点中の音程バー表示

写真の中で、上の方に並んでいる白い(歌唱後の部分は黄色になっています)バーが音程バーで、真ん中にある白い棒が縦の棒と呼んでいるものです。縦の棒は、曲が流れているときは、曲のリズムに合わせて左から右にスクロールしていきます。

精密採点をよくやられる方は、カラオケで歌う曲は歌詞を覚えていることが多いと思います。実際、高得点を狙う場合は歌詞を覚えている方が望ましいですが、初めて歌う曲や久しぶりの曲の場合は歌詞を覚えていないこともありますよね。カラオケでは、写真のように歌詞がテロップになって出てきます。曲の歌詞の進み方に合わせて、白い文字が青く変わっていきます。リズムを考えるときに注意していただきたいのが、この歌詞のテロップが青色に変わるタイミングは、必ずしも曲のリズムに合っているいるわけではないということです。テロップが青く変わるタイミングに合わせようとすると、曲本来のリズムからずれてしまうことがよくあるので、気を付けてください。

意識しなくても取れる?

精密採点のリズムに関しては、他の項目と比べるとあまり重視していない方が多いかもしれません。その理由としては、それほど意識していなくても高得点が取れる場合が多いからではないでしょうか。私自身も、カラオケ採点を始めたときにはリズムはほとんど気にしていませんでした。1000回以上採点履歴がありますが、その中で最低点が60点程度で、大半は80点以上が取れています。というわけで、通常の範囲内のテンポの曲を歌っているときにはあまり気にしなくてもよい項目になります。

結果の見方

精密採点の採点結果では、リズムはどこに表示されているのでしょうか。

採点結果の2枚目の左下に、タメ~走りの間でバーが表示されています。理想的なのは、タメと走りの真ん中にバーがあることです。ただ、精密採点の場合はタメより走りになるほうが減点がきつくなるので、ちょうど~タメくらいのテンポで歌っていれば基本的に問題になりません。一つ気を付けないといけないのは、採点結果の画面でタメと走りの間にバーがあったとしても、必ずしもリズムが高得点とは限らないということです。例えばこんな例があります。

タメと走りの中間にバーがあるのにリズムの評価が低い場合

採点結果画面のリズムのバーは、タメと走りの中間にありますが、リズムの評価は79点になっています。こんなことが起こるときは、曲の中でタメて歌っている部分と、走って歌っている部分があるときです。時々こんなこともあるので、注意してください。

リズムで減点されるとどうなるの?

あまりリズムで苦労される方はいないかもしれませんが、実際にリズムで、減点されている場合の例を紹介します。

走りの場合は、リズムの部分で走りの方にバーが伸びていることがわかります。それに応じて、リズムも減点されています。次に、タメの場合です。

タメの場合は、タメの側にかなりずれているように表示されます。こんなにずれることは、よっぽどのことがなければ無いと思いますが、ずれまくっているとこんな形で表示されます。

極端にテンポが遅い曲・速い曲は要注意

精密採点のリズムに関しては、それほど頑張らなくても高得点が取れる項目です。ただ、リズムを取るのが難しくなる曲もあります。それは、極端にテンポが遅い曲と速い曲です。極端にテンポが遅い曲は、無意識にちょうどのリズムよりも早め(走り)になってしまうことがあります。テンポが遅い曲は、リズム通りに入ることを意識しましょう。極端にテンポが速い曲は、少しリズムがずれただけで、タメにも走りにもなってしまうので本質的に難しいです。極端にテンポが速い曲でリズムを取ろうとすると、曲のリズムと歌詞を覚えてタイミングを完全に合わせにいくしか方法が無いです。。。曲を覚えてしまえば、何とかなるので挑戦してみてください。

今回は、精密採点で高得点を取るためには?ということでリズムについて解説しました。長くなりましたがここまで読んでくださりありがとうございます。記事の中でよくわからない点や、練習しているけど上手くできないということがありましたら、コメント欄かお問いあわせからご連絡いただければお返事できるようにいたします。次回の記事で何を書くかは未定です。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

カラオケ

Posted by tokyu351