[ad01]

スポンサーリンク

新海誠さんの最新作「すずめの戸締まり」を公開日に観賞~ぜひ劇場で観てほしい作品~

2022年11月21日

みなさんこんにちは。このブログを書いている東急三崎口です。

今回は雑記です。前回の雑記では映画をできるだけ安く観る方法を映画館の大手チェーンを比較して紹介しました。今回は、新海誠さんの最新作「すずめの戸締まり」について書きます。ネタバレは、入っていないのでまだ観られていない方でも読めるようにしています。ネタバレが見たいかたは、ネタバレありの映画のレビューサイトを見てください。

作品のテーマ

端的に作品のテーマを表すと、死生観を問われていると思います。死生観について表現しようとすると、重い内容になりがちですが、本作はコミカルな内容も含みながらストーリーが描かれているので、観られないことな無いように感じました。感じ方は、人それぞれなので一概には言えませんが、特に年齢制限もないので小学生でも観ることはできます。

細かいことを書くと、ネタバレになってしまうので書きませんが、公開日に行ったからか劇場で入場したときにこんなものがもらえました。

新海誠本と書いてある方は、「すずめの戸締まり」の企画書の抜粋と、新海監督へのインタビュー、主人公声優と新海監督の鼎談が収録されています。先着順かもしれないので、ほしい方はお早めに劇場へ。また、新海誠音楽の扉は、spotifyのQRコードが裏面についていました。

劇場に行った時間は、仕事が終わって19時からの回だったので、それなりに人はいました。高校生が心持ち多めだったように思います。結構、カップルで映画観に行く方が多いんだなぁと思うくらい多かったです。私は、2人以上で映画を観に行くことはほとんどしないですが、そういう方が多めで驚きました。私自身は、映画を観ること自体は1人で完結できるので、1人で行けばいいじゃないかと思ってしまうんですが、ただ単に誘う人がいないor誘われることがないからかもしれません。

前作・前々作を観てから行くのがおすすめ

新海誠さんの作品は、「君の名は。」と「天気の子」が有名で、最新作が「すずめの戸締まり」です。君の名は。と天気の子を観ていない方でも、単独で完結できるようにはなっていますが、個人的にはここで挙げた2作品は観てから、最新作を観ることをおすすめします。

その理由としては、「君の名は。」でも「天気の子」でも主人公に超自然的な力を持った人が出てきます。超自然的な力というと漠然としていますが、一般的な人が持っていない特殊な能力を持つ人のことを言っています。そういうキャラクターが出てくる世界観がある作品として、前作・前々作があります。それを理解したうえで、最新作を観るとなお理解が深まると思います。

君の名は。と天気の子は、投稿日(2022/11/12)現在、Amazon Prime会員ならPrime Videoで無料で観ることができるので、時間がある方はぜひ観てから劇場へ足を運んでみてください。Prime Videoのリンク先を貼っています。

まとめ

今回は、新海誠さんの最新作「すずめの戸締まり」についてネタバレ無しで書きました。今回の記事はここまでです。記事の中でわからないことがあったり、明らかに違うだろうと思われることがありましたら、コメント等をいただけると嬉しいです。関連記事としてすずめの戸締まりについて考察している記事を紹介しています。映画を観られてもやっとしている部分がある方は、ぜひご覧ください。謎が多いダイジン・サダイジンについて考察2本目で詳しく解説しています。それでは、次回の記事でお会いしましょう。

【関連記事】

ネタバレ記事:【ネタバレあり】すずめの戸締まりのあらすじと結末をめぐる場所とともに紹介

考察1本目:すずめの戸締まり2回目を観ての考察~観るつもりがなかった友人との目線の違い~

考察2本目:すずめの戸締まり考察第二弾~謎の多いダイジン・サダイジンは結局何者なのか?~

考察3本目:すずめの戸締まり考察第三弾~小説版を読んで改めてダイジン・サダイジンの正体について考える~

雑記

Posted by tokyu351