[ad01]

スポンサーリンク

カラオケボックスって店によって何か変わるの?2

2022年7月5日

皆さんこんにちは。

前回の投稿でカラオケの機種について紹介しましましたが、今日はカラオケボックスの店で何が変わるかについて書いていきます。

カラオケボックスに入るときに機種を選べることがありますが、大まかな分類だと、「DAM」と「JOY」を選ぶことになるのは前回紹介した通りです。

それでは、今回はカラオケの店によって何が変わるのか?について解説していきます。

カラオケボックスの店が変わると、何が変わるのか?一言でいうと、部屋の雰囲気と値段が変わります。大きなチェーン店は以下のような店があります。

・ジャンカラ

・ビッグエコー

・まねきねこ

・カラオケ館

それぞれの特徴があります。

「ジャンカラ」

関西を中心にあるカラオケボックスで、少人数(2~5人)の部屋が多め。完全オンラインで予約ができて、慣れれば便利。昼夜問わず、飲み放題をつけないコースでも一部のアルコール類(一部の酎ハイやカクテル)が無料で頼めるため、飲み会の二次会で飲み足りない場合でもタダで飲めるのは飲み好きな人にはありがたいサービス。関西以外の方にはあまりなじみがないかもしれませんが、部屋もきれいなのでぜひ使ってみていただきたいチェーンの一つ。

「ビッグエコー」

第一興商(DAMを運営している会社)が運営しているカラオケチェーン店。駅近くに立地していることが多い。DAMを運営している会社がやっているので、JOYSOUNDの機種を選ぶことはできない。(逆に言えば、どんなに混んでいるときでもDAMの部屋になります。)部屋の内装はきれいなことが多く、DAM向けに最適化されているのでおすすめのお店の一つ。赤地に、白色でBIG ECHOと書かれている看板が目印。少し値段が高いですが、お金が少し高くてもDAMを楽しみたい方におすすめ。

「まねきねこ」

株式会社コシダカが運営するカラオケチェーン。結構全国に展開されていて、見たことがある方も多いのではないでしょうか。まねきねこの特徴は、とにかく安いこと。店舗によって値段は変わりますが、その地域で最安値に近い値段が多く、学生さんが利用していることが多いです。初回利用時に会員登録が必要ですが、料金が安いので気にならないレベル。(複数人で行った場合には、誰かが会員になっていればほかの人の登録は不要です)安いがゆえに、細かい機種の指定はあまりできず「DAM」か「JOY」かを選べる程度になりがちです。とにかく安いので、とにかく安いところがいいという方におすすめです。

「カラオケ館」

駅近に立地していて、青地に白い文字でカラオケ館と書いてある看板が目印。駅近の立地なので、特別安いってことはありませんが、部屋数が多いことが多いので入りやすい印象のあるお店です。昔あったカラオケチェーン店のSHIDAXは現在カラオケ館の会社が運営しているので、旧SHIDAXのお店がカラオケ館の看板に変わっているところもあります。全体として、可もなく不可もない印象です。旧SHIDAX系のお店は、国道沿いの立地で部屋が広めできれいなことが多いので、個人的には好きなお店です。(SHIDAXがカラオケ事業をやっていたころは、好んで近くのSHIDAXに行っていました。当時は、メンズデーというサービスがあり、男性会員は毎週木曜は2時間まで室料無料でドリンクバー料金のみでカラオケが楽しめてました。今はないです。)

以上4系列の紹介をしてきました。ほかのチェーンでは、JOYSOUND直営店もありますが、私が行ったことがないため割愛します。JOYSOUND直営店は、JOYSOUND直営なので当然ながらDAMの機種は選べません。。。

今後もカラオケについては、解説していこうと思っていますので興味がある方がいればコメント等で教えてくださるとうれしいです。今回の投稿はここまで。それではまた。

カラオケ

Posted by tokyu351