[ad01]

スポンサーリンク

一人カラオケの1曲目

2022年7月5日

みなさんこんにちは。このブログを書いているtokyu351です。

前回の投稿では、精密採点DX-Gで出てくるボーナス点とは何なのか?について解説しました。今回は、一人カラオケに行く場合の1曲目について解説していきます。

1曲目は固定するのがおすすめ

みなさんは、一人カラオケに行ったときにどのように選曲されているでしょうか。一人カラオケに行くときは、歌いたい曲がいくつかはあるのではないかと思います。一人カラオケに行ったことのある友人が知り合いにいたとしても、その時の選曲について話すことは基本的に無いなぁと思ったので私が一人カラオケに行くときの選曲について記事にしてみます。私自身も一人カラオケに行った時の選曲について人と話したことはありません。

私がおすすめするのは、一人カラオケに行くときは(最近は一人じゃないときもそうですが)1曲目の曲は基本的に固定しています。1曲目の曲を勝手にチューニング曲と呼んでいます。1曲目を固定することにメリットは2つあります。1つ目は、毎回曲が固定なのでその日の調子を認識することができること。2つ目は、1曲目を歌っているときに、カラオケボックスの部屋ごとに違うカラオケ・マイク・エコーの音量調整をやることができることです。

まず1つ目の、その日の調子を認識することができることについて説明します。一人カラオケに行くとしても、その日の体調(喉の調子も含めて)は微妙に変わっています。過去に5日連続で一人カラオケに行ったこともありますが(行きすぎだろ。。。)、5日とも調子は変わっていましたね。私は1曲目から精密採点を入れていますが、採点結果は高得点は期待できないものの、その日の調子を確認できるようにしています。

2つ目の、音量調整をできることについて説明します。カラオケボックスは、部屋ごとにカラオケ音量やマイク音量の設定が微妙に違っています。カラオケの音量なんていじったことのない方は見てみてください。また、部屋に置いてあるワイヤレスマイクの感度や音量、年季の入り方もそれぞれの部屋で変わります。結構、マイクがへたっている部屋もあります。いつも同じ曲を1曲目に入れていれば、部屋ごとに違うマイク等の調整を1曲目を歌いながらすることができるので2曲目以降は普段通り歌うことができるようになります。(調整できる範囲だったらの話ですが。) 一人カラオケだと、数時間同じ部屋で歌うことになるのでいい感じの音量にしてそのあとのカラオケタイムを過ごせるといいですよね。

どんな曲がいいのか?

それでは、1曲目に選ぶ曲はどんな曲がいいのでしょうか。結論としては、曲と歌詞を覚えていて自分の地声の範囲内で出せる曲であれば何でもいいです。曲と歌詞を覚えているといいのは、1曲目の間でマイクやカラオケの音量調整をやることが一つの目的なので、画面を見ずに歌う時間帯がおのずとでてきます。その時に、曲と歌詞を覚えていれば問題なく歌えるからです。自分の地声の範囲内で出せる曲がおすすめなのは、1曲目なのでその日初めて歌う曲になるわけです。のどの調子もわかっていない状態なので、裏声を使うような高い曲を入れてもうまく歌えない場合が多く、のどを傷める原因にもなります。

過去の1曲目固定曲たち

というわけで、1曲目に固定する曲は先ほど説明した条件を満たしていればいいので、結構幅広い曲が当てはまると思うのですが、私が過去に使っていた1曲目固定曲たちを紹介します。

残酷な天使のテーゼ

最初に1曲目に固定した曲は、新世紀エヴァンゲリオンのオープニングで有名な、「残酷な天使のテーゼ」です。この曲を選んだ理由は、いたって単純でカラオケを始めたばかりだったので歌える曲がそれほどなかったからです。以前の記事で書きましたが、私がカラオケで歌った初めての曲が残酷な天使のテーゼでした。それで、ある程度歌えるようになったので1曲目に固定していました。半年たたずに、1曲目から外れてしまうんですが外した理由は他にも歌える曲が増えてきたのと、点数upや全国採点で残酷な天使のテーゼで勝負したいと感じたからです。

パンダヒーロー

次に、1曲目に固定したのが「パンダヒーロー」です。ハチさんが作られた曲で、ボーカロイドの曲です。ボーカロイドの曲を1曲目に持ってくるのは無謀じゃないかと思う方もいるかもしれません。実際、覚えるのは大変でしたが慣れてしまえば意外と歌うことができるようになりました。この曲は3年くらい使っていた気がします。結果的に1曲目から外してしまったんですが、その理由はパンダヒーローの最後に出てくる「壊して回れブラウン管」の歌詞がめちゃくちゃ高かったからです。聴いたことが無い方は、一回聴いていただければ何を言っているのかわかるかと思います。そこが1曲目では、どうしてもうまく歌えなかったので別の曲に変えました。

神田川

そして、いきついたのが神田川です。南こうせつとかぐや姫さんの曲でかなり古い曲です。1973年の発表みたいです。生まれる20年くらい前の曲ですが、今聴いてもいい曲だと思います。聴いたことがない方はぜひ聴いてみてください。男性ボーカルなので、音域は地声で出せる音域に収まっていてある程度ゆっくりなので私にとっては歌いやすい曲になっています。もうかれこれ7年近く1曲目として使わせていただいています。多分、私がカラオケで一番多く歌っている曲だと思います。これだけ長い期間1曲目として使っているので、1曲目を歌った時点でその日の調子がわかるようになってきました。

今回は、いつもと少し変わった話題で一人カラオケの1曲目について解説しました。一人カラオケの1曲目が決まっていない方は、ぜひ自分にあう1曲を探してみてください。1曲目が決まっているよという方は、自分にもっとあう曲があるかもしれませんし、いろいろな曲を試してみると自分のカラオケの幅が広がるので、いろいろ試してみてください。長くなりましたがここまで読んでくださりありがとうございます。記事の中でよくわからない点や、練習しているけど上手くできないということがありましたら、コメント欄かお問いあわせからご連絡いただければお返事できるようにいたします。次回の記事で何を書くかは未定です。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

カラオケ

Posted by tokyu351