[ad01]

スポンサーリンク

ブログを始めて半年経って変わったこと変わらないこと

みなさんこんにちは。このブログを書いている東急三崎口です。

今回は、雑記の中でも特に雑記です。2022年の5月にブログを始めましたが、ブログを始めて半年経って変わったこと、変わらないことについて書いていきます。

記事を書くことへの抵抗が無くなった

記事というより日記に近いような内容ですが、こんな時もあっていいかなと思って書いています。2022年の5月にこのブログを書き始めました。その時は、色々思い悩んでいる頃で何かしないといけないと思って、思いついたのがブログを書くことでした。なぜか、思い立ってレンタルサーバーを契約して書き始めたわけです。このご時世、無料でブログが書けるサービスはたくさんありますが、わざわざレンタルサーバーにお金を払って始めた自分の勢いを今となってはすごいと思ってしまいます。

レンタルサーバーを借りたからにはブログを書かないわけにはいかないと思って書き始めましたが、やっぱり普段やっていないことをやり始めるのは大変でした。15年近く前に、Yahooジオシティーズでホームページを作ってブログを書いていた記事が3か月くらいあったんですが、それ以来の試みでした。最近まで、ジオシティーズで作ったホームページは残っていたんですが、Yahooジオシティーズのサービス終了に伴い消えてしまいました。当時は、今ほど便利なツールが無くてHTML言語を書かないとホームページは作れなかったので、それなりに勉強してやっていた記憶があります。HTMLのデータだけでも、残しておけばよかったな。

半分勢いで始めたものの、最初は500字書くだけで相当苦労しました。(この記事はすでに500字を超えています。) なにせ、普段文章なんて書いてないですしTwitterでも150字ですから、それ以上の長さの文章を書くことなんてほとんどしていませんでした。四苦八苦しながら記事を書いているうちに、書くこと自体への抵抗感がなくなってきました。これは、半年経ってやっと感じることです。毎日1000字を超える文章を書いていると、その文字数を書くことに慣れてくるというか、あんまり考えずに書けるようになるというか、こなれてきたんだと思います。そのうち、「書くためのネタをどうしようか」という考え方から「ネタはたくさんあるけど、どれを書こうか」という考えに変わってきた気がします。考えの変化があったあたりから、書くことに抵抗感が無くなってきたんだと思います。

なんでもネタになることに気づいた

最初の頃は、記事を書くためのネタを探すのに苦労していました。そもそも、どんな文章を書くかをイメージできていないので、何をネタにしたらいいのかを考えることが大変なんですね。今も、それほど上達したとは思いませんが、ある程度の文字数を書くことはできるようになったので、それだけでも1つの進歩かと思っています。

現時点で雑記ブログなのか、カラオケのブログなのかよくわからない部分はありますが、何でも書いていいからとにかく続けようというつもりでやっています。なんでも書いていいと思っていると、記事が飛びすぎて読者の方からすると、統一性が無いように感じるかもしれませんが、何でも書いているのは書き手の都合です。本当に、カラオケのマニアックな記事から、すずめの戸締まりの考察記事まで書いているので、ネタには困らないようになりましたね。正直、すずめの戸締まりの考察記事を書くときは、考察記事なんて書いたことないし、読者から見ると、どう見えるんだろうと思いながら書いていました。そんな気持ちを持ちながら書いた記事が、なぜか今のところこのブログで一番読まれている記事になっているものですから、何がいいのかは書く前には予想できないものです。

記事を書くことが生活の一部になった

もう一つ変わったこととすれば、記事を書くことが生活の一部になったということです。1日1本書くことを習慣にするようにすると、1日の生活の中で記事を書く時間が自然と入ってきました。記事を書くといっても、10分で書けるわけもなく、長い物だと5~6時間書いていることもあります。さすがに、平日に5~6時間記事を書き続けるのは結構大変なので、長めの記事は休みの日に書くことが多いですが、平日2~3時間書いていることは、それなりにあります。ブログ専業というわけではないので、1日2~3時間記事を書くのに充てる時間を作るのって、思っているより大変だと思います。結果的に続けられているので、無理をしているわけではないですが、毎日続けていくというのは、それだけで大変です。なので、ブログを書くことは人にはおすすめしません。最初数本書くことは何とかなるんですが、100本書こうとするとそうはいきません。ブログは、「書くこと」の障壁は低いですが、「書き続けること」のハードルはとても高いと思います。私自身、100本書いて書き続けることの難しさを思い知りました。当初思っていたよりも、相当難しかったです。だから、収益化できている人がいるんだと思います。書き続けることよりもさらに難しいのが、ある程度の人に読まれる記事を書き続けて収益化することです。書き続けられないと収益化には至りませんが、ブロガーになって稼ぐことは世間の人が思っているよりも相当ハードルが高いことを、身をもって知りました。本当に難しいので、そういう意味で参入障壁は高いと思います。

オリジナルコンテンツ数No1!【ABEMA】

読者の数はそんなに増えない

ここまで、ブログを書き始めた当初と今を比べて、変わったことについて書いてきました。書き始めた当初と今を比べてあまり変わらないのが、ブログの読者の数です。最初期よりは、読んでいただける方の数も増えましたが、それでも月100ユーザー行くか行かないかくらいでした。最近ちょっとだけ増えましたが、それでもそんなもんです。正直言うと、半年(1か月休止期間はありましたが)書き続けるって、思いのほか大変なので目に見える成果が欲しくなるんですよね。人間って目に見える成果が出ないことをやりつづけるのには、あまり向いていないので、成果が出ないと投げ出しちゃいたくなります。私も、何回かやめようかなって思ったことはありましたけど、まだ書き続けられると思って、いまだに書いています。記事を読んでくださる読者の方が、月1000人とか10000人とかに達したら、また変わってくるんでしょうがまだそのラインには到達できていません。

とはいえ、Google Adsenseの審査(Googleの広告を自分でブログに貼るには審査が必要なんです。広告の審査を通過するためにどうしたらいいかという記事があるくらいなので、適当な内容だと通らないらしいです。)も通っているので、焦らず続けていきたいと思っています。うまくいくまでやるしかないのかなぁと思っています。記事を書くたびにTwitterに上げていますが、面白いと思って読んでもらえる人が増えたらいいなと思ってやっているので、面白いと感じる記事があったらリツイートしてくださるととてもうれしいです。

まとめ

今回は、雑記の中の雑記としてブログを始めて半年経って変わったこと、変わらないことについて書きました。ブログを始めて変わったことは、「記事を書くのに抵抗が無くなったこと」と「記事を書くことが生活の一部になったこと」です。変わらないことは、「記事を読んでくださる読者の人数」です。

おわりに

今回は、ブログを始めて半年経って変わったこと、変わらないことについて書きました。今回は、短いですがここまでです。記事の中でわからないことがあったり、明らかに違うだろうと思われることがありましたら、コメント等をいただけると嬉しいです。それでは、次回の記事でお会いしましょう。

シンプルに安い速いGMOとくとくBB光!月額3,430円(税込3,773円)〜!

雑記

Posted by tokyu351