[ad01]

スポンサーリンク

転職活動を始める前に押さえておきたい3つのポイント

2022年12月12日

みなさんこんにちは。このブログを書いている東急三崎口です。

この記事では、転職活動を始める前に押さえておきたい3つのポイントについて解説します。今の職場から転職したいと思われたことのある方は少なくないかもしれません。私自身も、1年前に新卒入社した会社を辞めてしばらくふらふらしていた経験があります。転職は、以前よりも浸透してきているとはいえ、実際に転職したいと思っても、具体的にどうしたらいいのかわからない方もいらっしゃると思います。そんな方に向けて、転職活動を始める前に押さえておきたい3つのポイントを解説していきます。自身が転職活動をしたときの経験から、考えておけばよかったこととして3つポイントを選んでいます。

転職の目的を明確化せよ

まず、転職活動をやる前に一番重要なのが、「自分が転職する目的を明確化すること」です。転職活動というと、転職サイトに登録したり、転職エージェントに登録したりすることをイメージされる方が多いと思います。

だいたいの流れでは、転職サイトや転職エージェントを使う場合、希望の条件を入力して、出てきた企業の求人に応募します。応募時に書類を送るので、書類審査が通れば面接へ進むことになります。エージェントを利用する場合だと、エージェントとの面談が行われます。最近では、オンライン面談も可能なので、時間帯や日程を調整することは簡単だと思います。簡単であるからこそ、転職サイトや転職エージェントにさらっと登録して、面談して転職の応募を出す方向に行きがちです。

しかし、転職サイトを利用する前に自身がなぜ転職したいのかを明確化しておく必要があります。転職サイトに登録して実際に転職活動がスタートすると、提出しないといけない書類の作成や面接対策に追われることになるので、あまり深く転職する理由を考える時間が無くなります。

転職する理由というのは、エントリーする会社に対して提出する「志望理由」ではありません。自分が転職するを通して、今後どのように生きていきたいのか?ということを考える必要があります。というのは、転職したいと思うきっかけは人それぞれだと思いますが、大きく5つの理由が挙げられます。

  • 収入が低い
  • 残業時間が長い
  • 職場の人間関係が悪い
  • 会社に将来性が無い
  • キャリアアップが望めない

別の理由でもいいんですが、転職前の会社に対して不満に思っていることは、転職後の会社でも不満に思いやすいことでもあります。自分自身がマイナス要素だと思いやすいことが、何なのかをはっきりさせておくことが大切です。例えば、残業時間が長くてもやりがいのある仕事であれば楽しんで取り組める人もいるでしょうし、給料は低くても家族との時間が大切だから残業はできるだけ無い方がいい人もいるでしょう。残業時間と給料の例を出しましたが、この辺は自分が何を大切にしているかを明確化することで転職先に求める条件も変わってきます。自分が重要だと考えることをはっきりさせましょう。あまり思い浮かばない方は、以下の5つから自分が重要だと思うことを順位付けしてみてください。

  • 給料
  • 残業時間の少なさ
  • 職場の人間関係
  • 会社の成長性
  • 自分が正当な評価される

どれが一番目に来るかで、ある程度自分が重要だと思っていることがわかると思います。

これを考えたあとに、自分が転職する目的を考えてみましょう。転職する目的は人それぞれ違うと思いますが、「残業時間を減らして自分の時間を作りたい」でもいいですし「収入を増やして自分の好きなことにお金を使いたい」でもいいですし、自分が転職して達成したいことを明確化することが大切です。

目的を達成したか判断する基準を設定せよ

次に重要なのは、自分が転職した目的に対して達成したか判断できる基準を設定することです。例えば、収入を増やして自分の使えるお金を増やしたいということであれば、どのくらいの年収を達成したいかを数値として設定する必要があります。もちろん、達成したい年収によって職種も違うと思いますが、まずは自分が設定したいものを数値化して達成したかどうかを明確に判断できる基準を作ることが大切です。これが、設定できていないと自分の考えている転職の目的に方向性に合っているのかどうかを判断できないので、結局転職しても自分の目的に合っていない会社になってしまうことになりかねないです。

目的を達成しているか判断する基準としては、年収であれば600万円とか1000万円とか人によると思います。残業時間を減らしたいということであれば、月20時間以内とか具体的に設定してみましょう。これを明確化すると、応募する求人の条件が自分に合っているかを明確に判断することができます。

何を達成したら退職するのかを決めよ

転職活動を始める前に考えておきたいことの最後は、何を達成したら退職するのか決めるということです。転職活動を始める前に、退職のことを考えるのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。普段、何を達成したら退職するかについて考えることは無いかもしれませんが、転職活動をする前には考えておきたいものです。

ずっとその会社に勤めて、会社がつぶれなければ会社員として働く限界は会社の設定している定年の年齢です。現在は65歳になっていることが多いです。ずっと働いていたいと思えるのであれば、定年まで働き続けるというのは問題ない目標設定です。とはいえ、会社がずっと続くことは必須条件になります。定年の年齢も、現在は65歳ですが、30年前は55歳くらいだったことを考えると、現在20~30代の方が60代になるころには定年が70~75歳になっているかもしれません。

定年退職以外で退職する場合は、何かしら理由があるわけです。私がおすすめしたいのは、定年退職までずっと働き続けますというのではなく、自分が達成したいことを達成したらその会社は退職するというポイントを自分の中で設定することです。例えば、貯金1億円を達成したら退職するとか、具体的な数値目標があってそれを達成したら退職するというポイントを持っておくことが考えられます。1億円あったとしても、年齢にはよりますがそれだけで仕事をせずに生きて行けるかと言われると微妙なところはありますが、1億円を数%で運用することができれば、年間数百万円の収入を得ることはできるので、生活すること自体は不可能ではないレベルになります。貯金にかかわらず、何かしらの目標を設定してそれを達成したら、退職するように目標設定しておけば生きていく方向性は明確になると思います。

転職活動は意外と面倒

ここまで、転職活動を始める前に押さえておきたい3つのポイントについて紹介してきました。それぞれ、理由はありますす、人によって設定する目的やターゲットとなるポイントは変わってくるので、一般的な答えはありません。結局のところ、自分がどう生きていきたいかを考えないと答えが出てこないです。

転職する目的を決めて転職活動を始めたとすると、実際的な問題が出てきます。転職活動をしようとすると、履歴書と職務経歴書を書くことになります。履歴書自体は、新卒入社している方であれば一度は書いたことがあると思うので、入社した会社の入社タイミングを追記して、持っている資格があれば付け足す程度で完成できます。履歴書はそれほど書くのは難しくありません。少し考えないといけないのが、職務経歴書の方です。

職務経歴書は、それまで会社で働いてきて自分がやったこと・携わったことをもとに、自分のスキルを明確化して、何ができるかを書く必要があります。漫然と仕事をしていると、普段の仕事は忙しいのに、職務経歴書を書こうとすると何を書いていいのかわからないなんてことがあります。職務経歴書は転職先の会社に対して自分のスキルやできることをアピールする必要があります。特に大きな会社の中にいると、会社の中で与えられた業務に取り組むことが多いですが、その業務をやる意味合いやその業務をすることに対してどんな意義があるのかをあまり真剣に考える機会が少ないと思います。かつ、社外の人に業務をやる背景や意味合いをわかるように説明しないといけないので、自分自身が業務の背景・内容・意味合いを理解していないとうまく書けないわけです。

この辺は、転職エージェントを使うと職務経歴書の書き方は教えてもらうことはできますが、ご自身の業務がどうだったかは、自分で考えていくしかないので、転職をするにしてもしないにしても、今まで自分がやってきた業務を見直して、自分はどんな仕事をしてきて、何ができるのかということを明確化していかなければなりません。これが、意外と面倒なんですよ。特に、会社にいる時には言われたから当たり前だと思ってやっている業務について、会社の外の人に対して説明する機会は少ないですからなおさらです。職務経歴書を適当に書いていると書類で弾かれがちなので、気を付けてください。

お名前.com

まとめ

この記事では、転職活動を始める前に押さえておきたい3つのポイントについて解説しました。転職活動を始める前に押さえておきたい3つのポイントは、「転職の目的を明確化すること」「目的を達成したか判断できる基準を設定せよ」「何を達成したら退職するのかを決めよ」の3つです。転職活動を始めようとされている方も、転職活動を漠然とやりたいと考えられている方も、ためになることになると思うので考えてみてください。

おわりに

この記事では、転職活動を始める前に押さえておきたい3つのポイントについて解説しました。記事の中でよくわからない点がありましたら、コメント欄かお問いあわせフォームからご連絡いただければお返事できるようにいたします。長くなりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございます。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

【関連記事】

メーカーでエンジニアが転職したくなる理由3選

就活で大企業がいいのかベンチャーが良いのかで迷ったら~この論争には意味がないけど一つだけ思うこと~

年金・税金・健康保険料はどこまでも追いかけてくる~未納しててもいつか払わないといけない~

大企業を辞めて1年経って振り返る~消耗しながら会社に通う価値があったのか?~

転職

Posted by tokyu351