[ad01]

スポンサーリンク

【転職未経験者向け】今の会社から転職したいと思う理由を明確化する3つの方法

みなさんこんにちは。この記事を書いている東急三崎口です。

この記事では、転職未経験者の方向けに今の会社から転職したいと思う理由を明確化できる3つの方法を紹介します。今の会社から転職したいなと思うことは誰しもあるかと思います。その時に、漠然と転職したいと思っていても、なかなか現状は変わらないのが現実です。

私自身、新卒で入社した会社から転職しましたが、転職したいと思ってから実際に転職するまでに半年以上かかりました。そもそも、転職したいと心の中では感じていても、具体的にどう考えたらいいのかについて、かなり悩みました。

そんな、転職したいとは思っているけれど、どう考えて行動したらいいのかわからない方向けに、まずは今の会社から転職したいと思ったときに、転職したい理由を明確化する方法が3つあるので、方法について紹介します。

今回紹介する3つの方法はこの3つです。

1.今の会社・職場に対する不満を書き出す
2.転職したい理由を明確化
3.不満が解消できる方法を探す

これから、それぞれの内容について解説していきます。

今の会社・職場に対する不満を書き出す

最初にやることは、転職したいと感じている今の会社・職場に対する不満を書き出すことです。

不満と言うとトゲがあるかもしれませんが、今の会社や職場に対して自分自身が満足していない点を書き出すのが目的です。現在の職場に完全に満足していれば、不満は思い浮かばないかもしれません。そういう方は、今の職場の居心地がいいわけで、特に問題ありません。

しかし、転職したいと思うことがあるのであれば、何かしら今の会社や職場に満足していない部分があるはずです。それを、できるだけ具体的に尽きるまで書き出すのが大切です。書き出す時には、紙とボールペンを用意して見えるように書き出すのが大事です。頭の中だけで考えるのではなく、視覚的に見えるようにしましょう。

10分もあれば書き出すことができると思うので、ぜひこの場でやってみてください。紙とペンが無ければ、スマホのメモ機能でも代用することができます。

私がやってみたときの結果がこちらです。

1.常に納期に追われている
2.人手不足
3.残業が多い
4.人間関係が悪い
5.仕事が難しい
6.給料が低い
7.会社の将来性が見えない

結構書きたい放題書いていますが、最初に会社や職場に対する不満を書き出してしまうことが大切です。

会社や職場に対する不満を書き出すことは、ネガティブなイメージなことが並ぶことが多いです。しかし、それは自分自身が会社や職場に感じていることです。つまり、会社や職場の環境が自分の理想からずれていることを意味しています。この自分の理想とのズレを認識することがとても大切です。

転職したい理由を明確化

1つ目のステップで書き出した、会社や職場への不満をもとに、転職したい理由を明確化するステップに移ります。2つ目のステップでは、2段階に分かれています。まずは、自分が会社や職場に対して不満を感じていることが、なぜ不満なのかを具体的に考えます。なぜ不満なのかを具体的に考えたら、その不満を解消したい順番に並び変えていきます。それぞれ、手順を説明していきます。

なぜ不満なのかを具体的に考える

会社や職場への不満を書き出せたら次に考えるのは、書き出した不満について「なぜ不満なのか」を具体的に考えることです。

なぜ不満なのかを1つ1つ考えていく時には、少し時間を取って考える必要があります。なぜなら、自分が不満に思っている感情を起点にして、不満の原因を探っていく必要があるからです。

考えるアプローチとしては、書き出した不満からスタートしてその不満が生じている理由を考えていくことになります。といっても抽象的なので、会社や職場への不満として書き出した7つの項目を例にして考えてみます。

1.常に納期に追われている
2.人手不足
3.残業が多い
4.人間関係が悪い
5.仕事が難しい
6.給料が低い
7.会社の将来性が見えない

1.常に納期に追われている

私が開発部門で働いていたので、常に納期に追われていることに関しては、本当に苦しかったです。1つの納期が終わっても、別の納期がやってくるループが続いていました。どれだけ頑張っても、納期から解放されることは無い構造になっていたわけです。

納期から解放されることのない構造になっていた職場にいたので、その原因を考えてみると、自分が納期から解放されない職場にいることが根本的な原因だと考えました。会社の中で納期が無い職場は無いと思いますが、次から次に納期がやってくる職場から、納期に余裕がある職場に移れば解決するわけです。

会社や職場への不満の原因を考えるときに、今の職場にいるから納期がひっきりなしにやってくるループから逃れることはできないと考えてしまうと、解決策が出てこなくなります。ですので、原因を考えるときには、できるだけ「○○できない」ではなく、別の職場に移ったら解決できるというような、○○すれば解決可能という方向性で考えていくことが重要です。

お名前.com

2.人手不足

ここで紹介する人手不足は、どんな職場でもありうる問題なのではないかと思います。従業員からすると、人を増やしてくれれば一人当たりの業務量が減って楽になりますが、会社側からすると、従業員を増やすことはその分給料を払わないといけないので、会社はなかなか簡単に人を増やしてはくれません。

人手不足になっている原因を考えると、根本的には会社が簡単に人を増やさないことにいきつきます。これは、会社で働く前提で考えると、個人としてはどうしようもありません。そうすると、少しでも人手不足になっていない職場を探すことを考えざるをえないわけです。こればかりは、どうしようもありません。

3.残業が多い

3つ目に考える、残業が多いことについては、多くの方が働いている職場であてはまるのではないでしょうか。仕事量が多くて残業をしないと仕事が終わらない場合や、繁閑差の大きい仕事の場合は残業をせざるを得ない場合があると思います。

残業が多いことの原因を考えると、私の経験では2つありました。1つ目は、そもそも業務量が残業ありきの配分になっていることです。2つ目は、会社や部署に「残業をやっている=頑張っている」と考える文化があり、残業をしないことが明示されていないにしても、悪いこととして捉えられる環境があることです。

これら2つの原因を考えると、残業時間を減らそうとした場合取る選択肢としては、「業務量が少ない部署に異動する」か「残業を頑張っていると捉えない部署に移動する」ことが考えられます。とはいえ、会社全体に残業=頑張っていると捉える文化があるとかなり苦しいです。

ここまで、会社や職場への不満としてありがちな、3つの項目について考えてきました。

このように考えていけば、自分が会社や職場へ不満だと思っていることの原因が見えてきます。みなさんも、自身が感じている会社や職場への不満に思っていることについて、原因を考えてみてください。

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

第二新卒・既卒のための就職・転職支援【えーかおキャリア】

会社や職場への不満を解消したい順番に並び替える

ここまでくれば、みなさん自身が会社や職場に感じている不満と、その原因が列挙できているはずです。次にやることは、原因がわかった会社や職場への不満のリストを、自分が改善したい順番に並び替えることです。

何を言っているのかについて、私が挙げた会社や職場への不満から3つに絞って説明します。

3つに絞った項目はこのとおりです。

・残業が多い
・人間関係が悪い
・給料が低い

「残業が多い」、「人間関係が悪い」、「給料が低い」の3つがあります。これら3つの項目を、自分が改善したい順番に並び替えればいいんです。3つの項目を見たときに、自分が一番改善したものはどれかを考えます。

これら3つの項目の優先順位を決めるということは、残業時間、人間関係、お金のどれを自分が一番重視したいかと考えるということです。

例えば、お金を一番に置くとすると、残業時間が長いことや、職場の人間関係が悪いことよりも、給料が高いことを最優先することになります。

つまり、ここで考えるのは、会社や職場に対する不満と原因を考えたうえで、自分が働くときに最も大事にすることは何かを考えるということです。もちろん、残業も少なくて、人間関係も良好で、給料が高い仕事があればそれが一番ですが、すべてを満たす仕事を探すのは、なかなか難しいです。

会社で働く場合、給料が高くなるとそれに伴って責任が重くなるので、残業が増える傾向にありますし、全てを同時に実現するのは難しいことが多いです。ですので、自分が何を重要だと考えているかをはっきりさせておく必要があります。

仕事をするにあたって、何を重視するかについては、私の例を出しても仕方がないので、みなさん自身が重要だと思う順番に並べてもらえればいいです。

不満が解消できる方法を探す

2ステップ目の、転職したい理由を明確化する部分では、会社や職場に対して感じている不満を書き出して、その原因を書き出しました。そして、リストアップした不満の中で自分が改善したいと思う順番に並び変えたリストがみなさんの前にあるはずです。

ここまでくれば、みなさんが会社や職場に対して不満に思っていることとその原因が、自分の中の優先順位を付けた形でならんでいるはずです。

あとは、今回作ったリストの1番目から改善する方法を探していけば、自分が重視することを実現できる仕事探しができるようになっています。

ここで注意していただきたいのが、改善する方法を探す時に転職ありきで考えないということです。というのは、転職すれば今の不満が解決できるように思ってしまいがちですが、そんなことはありません。転職先の会社では、今の会社で感じていない部分が不満として出てくる可能性もありますし、実際に転職したい会社の実態を入社する前に知ることはかなり難しいです。

ですので、まずは会社や職場の不満をリストアップしたリストの中で、自分が優先度を高くした項目について、今いる会社で不満を解消できないかを考えてみることが重要です。

例えば、残業時間が長いことを解消したい場合は、残業時間が短い部署へ移動したいと申し出ることや、別の部門に移動するのも一つの方法です。部署移動をしなかったとしても、今いる部署の上司に相談することだってできるはずです。将来的に転職をするつもりでいれば、相談をすることも可能になるので、是非今いる会社や職場で不満を解消できないか考えてみてください。

リストアップした内容を解決する方法に関しては、いくつかの選択肢があり、その中に転職することも入ってくる方もいらっしゃるかと思います。今後、転職を意識してから実際に転職するまでの流れを含めて解説していきたいと思っているので、これからの記事にご期待ください。

まとめ

この記事では、転職未経験者の方向けに今の会社から転職したいと思う理由を明確化できる3つの方法を解説しました。3つの方法をおさらいします。

1.今の会社・職場に対する不満を書き出す
2.転職したい理由を明確化
3.不満が解消できる方法を探す

1,2,3の順番で紙とペンを準備するだけで、自分が転職したい理由を明確化できるようになっています。実際に転職しようと思ったときに、どう考えればいいのかわからなくなることが多いです。この記事を読まれたのを一つのきっかけとして、是非転職したい理由を明確化してみてください。

おわりに

長くなりましたが、ここまで読んでいただいてありがとうございました。記事の中でよくわからない点がありましたら、コメント欄かお問いあわせフォームからご連絡いただければお返事できるようにいたします。このブログで、転職について解説している記事を関連記事で紹介しています。他に気になった記事があれば読んでみてください。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

第二新卒・既卒のための就職・転職支援【えーかおキャリア】

【関連記事】

辞めない方がいい会社の特徴3選~転職を考えたときに今いる会社に残った方がいい場合~

転職活動を始める前に押さえておきたい3つのポイント

メーカーでエンジニアが転職したくなる理由3選

【20歳~35歳向け】転職して給料を上げたいときに考えること

【経理以外のサラリーマン向け】会社が出している決算書類の読み方

もし明日会社を辞めたらどうなるか~私のリアルな体験談~

転職

Posted by tokyu351