[ad01]

スポンサーリンク

カラオケ採点で難易度が上がる方向性

2022年7月5日

みなさんこんにちは。このブログを書いている東急三崎口です。

前回は、DAMの全国採点について解説しました。今回は、カラオケ採点で難易度が上がる方向性をあえて紹介します。

カラオケ採点で難しい条件

一般的にカラオケ採点で難しい条件とは何でしょうか。私は様々な曲に挑戦していますが、リズム・テンポ・音程・音域のそれぞれで難しい条件があると思うので項目ごとに解説します。

リズム

まず、リズムです。曲のリズムが原曲を聴いても捉えづらい曲は、細かい部分の音程を捉えるのが難しいのでカラオケ採点としては、高得点を取るのが難しくなります。例えば、曲のバックで流れているリズムと、歌詞のリズムがずれている曲なんかは難度が上がります。

テンポ

次に、テンポです。一般的にテンポが速くなればなるほど、活舌が良くないとそもそも歌えないことになります。ボーカロイドの曲でテンポが速いものは特にそうです。ボーカロイドの曲はもともと人が歌っているわけではないので、どんなにテンポを速くしても曲として成立します。人間だと無理じゃないか?と思うくらい速いテンポの曲もありますよね。。。

音程

3つ目は音程です。音程といっても、曲の音域ではなく音程の変化幅のことを言っています。ボーカロイドの曲では、いきなり2オクターブ音程が変化するような曲にしても、初音ミクさんは正確に音を出してくれます。ただ、人が実際歌うとなると、いきなり2オクターブ音が変化すると、それについていくだけで精一杯になってしまいます。プロだとそのくらい音程が変化しても余裕をもって出せるのかもしれませんが、素人だと出すだけで精一杯というか、出せるかどうかの方が問題になってくるかもしれません。このように、急激な音程変化が曲の中で多く出てくる場合もカラオケ採点の難易度は上がります。

音域

最後に音域です。音域は、広ければ広いほど難しくなります。曲の音域が2オクターブ以上ある場合、自分が出す音域も2オクターブ以上ある必要があり、これを曲全体で安定して確保するのは並々ならぬ練習が必要なはずです。プロの方ってどうやって練習してるんでしょうね。曲の音域が高く、かつ2.5オクターブ近い音域を必要とする場合は、かなりの(最上級クラスの)難易度になるはずです。曲の音域が3オクターブ以上あるものは、私は挑戦したことが無いので未知の世界ですが、もしカラオケで配信されている曲で存在するのであれば、教えていただけると幸いです。(一度は挑戦してみたいと思っています。難しすぎて断念するかもしれませんが。)

それでも難しい曲で100点取ってる人はいる。。。

というわけで、カラオケ採点で難易度が高くなる方向を、4つの項目ごとに分析しました。個人的には、YOASOBIさんの曲は音域が広く・音程の上下が激しくて・テンポが速く・リズムが難しい曲が多いと思っています。それでも、精密集計DXを見ると100点取ってる方っていらっしゃるんですよね。。。どうやってるのか、想像できないんです。精密採点DXは採点ゲームなので、ゲームのルールに則ってやれば、理論上100点は出せるのはわかるんですが、現実にできる人もいるんでしょうね。そういう結果を見ると、まだまだ自分の練習が足りないなと思うところです。

まとめ

今回は、カラオケ採点で難易度が上がる方向性について紹介しました。長くなりましたが、ここまで読んでくださりありがとうございます。記事の中でよくわからない点や、練習しているけど上手くできないということがありましたら、コメント欄かお問いあわせからご連絡いただければお返事できるようにいたします。次回の記事ででは、カラオケ採点の難易度が上がる方向性の逆を考え、カラオケ採点の難易度が下がる曲を紹介できたらいいなと思っています。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

カラオケ

Posted by tokyu351