[ad01]

スポンサーリンク

飲み会の二次会カラオケ

2022年7月5日

みなさんこんにちは。このブログを書いている東急三崎口です。

前回は、カラオケ採点で難易度が上がる方向性について紹介しました。今回は、事前のアナウンスとは違いますが、飲み会の二次会カラオケについて解説します。

自分が楽しむ気持ちは捨てましょう

冒頭から、楽しむ気持ちは捨てましょうなんて書いていますが、私自身が飲み会の二次会のカラオケに参加するときはこんな気持ちで参加しています。飲み会の二次会のカラオケは、前提として一人で行くことはほとんどありません。一人で行くなら、二次会としてではなく別の機会に行けばいいわけです。そうすると、他の人も含めて、場合によっては大人数でカラオケに行くことになることが多いです。

大人数で、かつ飲み会でお酒を飲んだあとのカラオケというのは、カラオケにはあまりいい環境ではありません。人数が多いので、カラオケ採点を入れることもあまりないでしょうし、お酒を飲んだあとなので歌うこと自体もあまり状態としては良くありません。というわけで、飲み会の二次会のカラオケは私は「カラオケ」ではなく「イベント」に参加するつもりで行っています。(幹事をやる立ち位置になると、その時はお金の計算もついてきます。) というわけで、飲み会の二次会に参加するときは、自分が「カラオケ」として楽しもうと思う気持ちはありません。イベントとして楽しく参加したいと思う気持ちはありますが。

参加者がどれくらい楽しんでくれるかが大事

普段から、カラオケに行っている頻度は他の人より多いので、ここで大事なことは、普段カラオケにはあまり行かないが、二次会に参加してくれた人がどのくらい楽しんでくれるかということです。私が飲み会の二次会カラオケの幹事をやる場合は、そこを一番重要視しています。普段からカラオケにあまり行かない人というのは、カラオケに対してそれほど印象があるわけではないので、二次会のカラオケの場であってもいい印象をもってもらえば次に参加してくれる可能性も高まりますし、カラオケを始めるきっかけにもなるかもしれません。

上手い人・カラオケが好きな人を見つけるチャンス

飲み会の二次会のカラオケでは、人数が増えると自分が歌う機会というのは明らかに減ります。20人参加者がいれば、2時間で1回歌えるかどうかでしょうか。これは、普段一人カラオケが多い場合歌える機会が減って時間がもったいないと思う方もいるかもしれません。しかし、大人数のカラオケに時々参加するのはチャンスでもあるんです。普段、一緒にカラオケに行かない人でカラオケが上手い人を見つけることが簡単にできます。普段から通っていれば、上手い人を見つけるのは難しくないはずです。また、上手いかどうかはおいておいて、カラオケが好きな人を見つけることもできます。そういう人を、大人数のカラオケで見つけておいて、興味がありそうなら誘って一緒にカラオケに行ってみるのも面白いと思います。あとは、おまけですが、普段自分が歌わないような歌や聴いたことが無い歌を歌っている人がいるかもしれません。そういう曲を自分が歌えるようにすれば、自分のカラオケの幅を広げることにもつながります。

まとめ

今回は、飲み会の二次会カラオケについて解説しました。長くなりましたが、ここまで読んでくださりありがとうございます。記事の中でよくわからない点や、練習しているけど上手くできないということがありましたら、コメント欄かお問いあわせからご連絡いただければお返事できるようにいたします。次回の記事こそ、カラオケ採点の難易度が上がる方向性の逆を考え、カラオケ採点の難易度が下がる曲を紹介できたらいいなと思っています。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

カラオケ

Posted by tokyu351