[ad01]

スポンサーリンク

カラオケ採点で難易度が下がる方向性

2022年7月5日

みなさんこんにちは。このブログを書いている東急三崎口です。

前回は、飲み会の二次会カラオケについて解説しました。今回は、カラオケ採点で難易度が下がる方向性を解説します。

カラオケ採点で難易度が下がる条件

今回は、一般的にカラオケ採点で難易度が下がる条件を考えてみます。方向性としては、難易度が上がる方向の逆であれば難易度が下がると言えるはずです。カラオケ採点で難易度が上がる条件は、前々回に記事にしていますので読まれていないかたはこちらを参照してください。カラオケ採点で難易度が上がる条件で考察した、4つの項目(リズム・テンポ・音程・音域)についてそれぞれ考えていきます。

リズム

まず、リズムです。曲のリズムが原曲を聴いても捉えづらい曲は、細かい部分の音程を捉えるのが難しいのでカラオケ採点としては、高得点を取るのが難しくなります。この逆を考えます。リズムが原曲を聴いていればつかみやすく、曲の中でリズムが変化しないことは難易度が下がる方向に向かいます。また、複雑なリズムが無く単調なものが続いていると尚良いです。曲として聴いていて魅力があるかといわれると微妙なところですが。

テンポ

次に、テンポです。一般的にテンポが速くなればなるほど、活舌が良くないとそもそも歌えないことになります。この逆を考えるとテンポがゆっくりになれば、歌いやすくなるはずです。ゆっくり過ぎると難しい場合もあるので、テンポに関しては速すぎず、遅すぎずというのが難易度が下がる方向性になります。

音程

3つ目は音程です。音程といっても、曲の音域ではなく音程の変化幅のことを言っています。いきなり2オクターブ音が変化すると、それについていくだけで精一杯になってしまいます。このことを考えると、音程の変化幅が小さい曲(数音ずつ変わるような形)が音程の変化幅の観点では難易度が下がります。とはいえ、音程の変化幅が小さい曲を探すのは結構難しいと思います。絶対音感があるのであれば話は別ですが、音程の変化幅はカラオケ採点で音程バーを出してみて、その変化幅がどの程度になっているかを採点で確認していくしかないです。

音域

最後に音域です。音域は、広ければ広いほど難しくなります。この逆を考えると、音域は狭ければ狭いほど難易度が下がります。これは、極端なことを考えるとずっと同じ音を出していればいい曲であれば、その音の音程さえきっちり出すことができれば音程正確率で100%近く取ることができるからです。とはいえ、1音しか使わないというのは極端な想定だってもしても、実際の曲で2音とか3音しか使わない曲はほとんど見つけることは不可能でしょう。音域が狭い曲の簡単な見つけ方は、とりあえず精密採点DXを入れてみて、曲の音域の幅がどのくらいになっているかを見ればすぐわかります。1オクターブ程度の曲は探せば見つかるはずです。1オクターブより狭い曲は、相当頑張らないと探すのは難しいです。特に、J-POPの場合は難しくなります。合唱曲や民謡まで範囲を広げると出てくるかもしれません。

難易度が下がる=高得点が取れるとは限らない?

ここまで、4つの項目についてカラオケ採点の難易度が下がる方向性を考えてきました。リズムは原曲を聴いてとらえやすく曲の中で変化しないものが良い。テンポは、速すぎず遅すぎないものが良い。音程は、曲の中の音程の変化幅が小さければ小さいほど良い。音域に関しては、狭ければ狭いほど良い。4つの項目それぞれについて、考えたことをまとめると以上のようになります。

では、カラオケ採点の難易度が下がる方向性をそろえた曲を入れれば自動的に高得点が取れるようになるのか?というとそういうわけではないのが難しいところです。それはなぜなのでしょうか?

個人の技量に依存する部分

カラオケ採点の難易度が下がる方向性について、考えてきました。カラオケ採点の難易度が下がることと、高得点が取れることはリンクしないんです。その理由は、歌っている人が同じであればカラオケ採点の難易度が下がれば、難易度が高い曲より相対的に高得点を取れる可能性は上がります。しかし、カラオケ採点の難易度が下がったとしても、落とし穴があります。特に大きい落とし穴が、音域です。

音域に関しては、狭ければ狭いほど難易度が下がると紹介しました。極端なことを考えると、曲中で1音しか使わない曲があればその1音を完璧に出せればいいわけです。ここで、完璧というのが落とし穴になります。その音が出せているつもりでも、半音ずれて出していたとしましょう。この時、自分ではあっているつもりでもカラオケ採点の音程だと「外れている」と判定されます。すると、難易度が下がったはずなのに音程正確率が0%になってしまうということがありえるんです。音域の難易度が低い曲を歌った場合、完璧にその音を出せる人の場合は、音程正確率が100%に限りなく近づくと思いますが、音程が正確に出せない場合は0%に限りなく近づく場合もあるということです。

このように、カラオケ採点の難易度が低い=高得点が取れるとはならないんです。では、難易度が低い曲の方向性を考えたのはなぜなのかというと、難易度が高い曲を歌っているから得点が取れないのか、難易度が低い曲を歌っても高得点が取れないから難易度が高い曲を歌っても得点が取れないのかを判断するためなんです。

高い技術を持っている人であれば、難易度が低い曲を歌えば90点以上の得点を取ることは容易にできるはずです。しかし、そうでない場合は難易度が低い曲を歌っても高得点が出ない場合があります。自分が高得点が出せないということで悩んでいる場合、どちらの状況なのかを判定するのが、難易度の低い曲を歌う目的になります。

まとめ

今回は、カラオケ採点で難易度が下がる方向性について紹介しました。長くなりましたが、ここまで読んでくださりありがとうございます。記事の中でよくわからない点や、練習しているけど上手くできないということがありましたら、コメント欄かお問いあわせからご連絡いただければお返事できるようにいたします。次回の記事ででは未定です。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

カラオケ

Posted by tokyu351