[ad01]

スポンサーリンク

カラオケに行く頻度

2022年7月5日

みなさんこんにちは。このブログを書いている東急三崎口です。

前回は、カラオケ採点で難易度が下がる方向性について解説しました。今回は、カラオケに行く頻度について書きます。

理想は週1~2回

みなさんは、どのくらいの頻度でカラオケに行っているでしょうか。私は週1~2回の頻度でカラオケに行っています。月1回から半年に一回程度の方、滅多にいかない人までいるかと思います。実際、週1回カラオケに行くのを続けていくのは結構難しいです。ただ、カラオケは長く続けていける楽しいコンテンツなので無理せず長く続けていけるペースを見つけてもらえるとありがたいです。

筆者のMaxとMin

私も、カラオケに行く頻度は上下しながら現在では週1回程度に落ち着いています。今まで一番カラオケにたくさん行ったときは、3日連続で8日中5日カラオケに行った時もあります。今から考えると、行きすぎじゃないかと思うくらいです。一番カラオケに行けなかったときは、1か月空いたことが1回だけあります。新型コロナウイルスが流行していた時に、カラオケが営業自粛要請を受けてどこのカラオケも空いていなかったときです。一人限定で開けてほしいなと思っていましたが、こればっかりはどうしようもなく1か月カラオケから離れていました。コロナウイルスが流行していた時期にカラオケに行けなったのは、不可抗力に近いもので、それを除くと2週間開けることはほとんどないです。だいたい週1回はコンスタントに行っています。

月1回だと上達するのは難しい

私が、週1回をお勧めするのは月1回程度のペースだと上達するのが難しいからです。カラオケに限らず、月1回しかやっていない場合、前回どのくらいできていたか確認してから始めることになるので、どうしても自分の調子を掴むのに時間がかかります。また、前回できていたことが今回もできるとは限らないので、前回より自分の腕が落ちていれば、そこをリカバリーする必要もあります。

週1回であれば、1週間しか空いていないため、どのくらい自分の調子が前回と比べて変わっているかを掴むのが簡単になります。上達するためには、本当の理想は毎日練習することですが、さすがにカラオケに毎日行くのはプロでなければ難しいと思います。時間も確保しないといけませんし。そう考えると、理想的なのは週1~2回をコンスタントに続けていくことになると思います。

上達のためには一人で行くのがおすすめ

理想的な回数でカラオケに行くといっても、何人で行くのがいいんでしょうか。カラオケで上達するためには、一人で行くことを強くおすすめします。その理由は単純で、自分が練習できる時間の効率が一人が一番いいからです。3~4人でカラオケに行った場合、2時間あったとしても自分が歌えるのは30分程度です。週1回で、1回当たり30分だと歌える曲数も限られてしまいますし、新しく曲を覚えるのも難しくなります。

上手い人を見つけて一緒に行くのはアリ

とはいえ、週1回カラオケに行くのを一人だけで続けていくのは張りがなくて難しいかもしれません。そんな時におすすめなのは、知り合いでカラオケが上手い人を1人見つけて、時々上手い人と2人でカラオケに行くことです。上手い人と一緒に行くことができれば、上手い人が歌うときにどんな風に歌っているのかを知ることができます。上手い人と一緒にそれに合わせて歌えるようになれば、自分も上達できますし、カラオケに行くモチベーションUPにもつながるので一石二鳥です。

機種はDAMかJOYのどちらかに絞ると効果的

カラオケに行くときに、機種を指定できる場合はDAMとJOYのどちらかの機種に固定するのをおすすめします。毎回機種を変えていると、それに合わせるのも大変です。DAMにしか配信されていない曲や、JOYにしか配信されていない曲であれば、配信されている方の機種を選ぶしかありません。特段こだわりがない場合は、DAMを選ぶことをおすすめします。行くお店によって、JOYとDAMを選べない場合があります。例えば、JOYSOUND直営店では、JOYSOUNDの機種しかありませんし、ビッグエコーではDAMの機種しかないので、DAMとJOYにこだわりがある場合は、選ぶお店も工夫してみてください。一般的なお店だと、お店によってはJOYの機械が少なかったり、DAMの機械が少なかったりする場合もあります。

メインの店とサブの店を決める

週1回カラオケに行く場合、自分の中でメインの店とサブの店を決めるのがおすすめです。メインの店は、自分がとりあえずカラオケに行く場合に行きやすい店です。カラオケでどの店に行くかを考えるとき、「料金」や「部屋の広さ」や「内装の綺麗さ」や「近いか」などが判断材料になります。料金優先でも、近さ優先でも構いませんが、何度かお店に行ってみて自分が普段行くお店を決めてしまいましょう。特にこだわりがなければ、この店に行くという店を決めてこれをメインの店と決めてしまいます。ただ、メインの店に決めたくなるということは、他の利用者の人も利用したいと思うことが多いはずです。ですので、人気の店は利用者が多いので混んでいることがよくあります。そこで、メインの店のほかに、メインの店が満室であれば次に検討する店として、サブの店を決めておきましょう。メインの店とサブの店を決めておけば、メインの店が満室でもサブの店を探せばいいので、カラオケの店選びで迷うことがなくなります。また、普段からメインの店とサブの店に通っていれば、どの時間帯が空いているかを掴むことができるようになります。そうすると、行きたいと思ったけど満室で入れないということを減らすことができるようになります。

頻度を上げられないなら続けるしかない

とはいえ、週1~2回カラオケに行くことを続けるのは結構大変です。週1回カラオケに行くことを続けると、年50回程度になります。年間50回と考えると、意外と回数があるように思えませんか。仕事を除いて、趣味として年間50回もやることってあるでしょうか。意外とないのではないかと思います。実際のところ、週1回のペースでカラオケに行き続けるのは難しいので、それが難しいのであれば、できるだけ長く続けていくことが大切です。月1回でも5年続ければ60回になります。やめずに続けていくことが一番大事だと思っています。

まとめ

今回は、カラオケに行く頻度について解説しました。長くなりましたが、ここまで読んでくださりありがとうございます。記事の中でよくわからない点や、練習しているけど上手くできないということがありましたら、コメント欄かお問いあわせからご連絡いただければお返事できるようにいたします。次回の記事は未定です。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

カラオケ

Posted by tokyu351