[ad01]

スポンサーリンク

Actually…に3回目の挑戦~ついに90点越え達成~

みなさんこんにちは。このブログを書いている東急三崎口です。

カラオケ編の前回は、カラオケ採点の点数分布について紹介しました。今回は、Actually…に3回目の挑戦をしてきた結果を紹介します。2回挑戦して90点を超えられなかったので3回目に挑戦してきました。1回目の挑戦2回目の挑戦の記事を読んでいない方はリンクを貼っているので、過去の2回の挑戦の記事を読んでから3回目の挑戦を見てくださるとうれしいです。

Actually…は乃木坂46の29thのシングルで、2022年3月22日に発売されました。90点超えを目指していたら、30thのシングルの発売が発表されてしまいました。30thシングルの選抜メンバー発表は7/17(日) 0:30~の乃木坂工事中で発表予定なので興味のある方は見てみてください。リアルタイムで見られない方でも、乃木坂工事中は放送後の番組をYoutubeで見ることができます。(公式ページへのリンクです。)

3回目の挑戦結果

今回はActually…の3回目の挑戦です。早速3回目の挑戦結果を載せます。

3回目の挑戦にして、何とか90点を超えることができました。ボーナス点込みですが、91.495点です。素点だとギリギリ90点を超えなかったのが残念ですが、とりあえず目標にしていた90点超えは達成できてほっとしました。90点を超えるときの標準的なチャートの取り方のように思います。

1~3回目の結果比較

それでは、1回目、2回目、3回目の結果を並べて比較してみます。

1回目
2回目
3回目

1回目から比べると、総合点は着実に伸ばせています。3回目では、1回目と比べて10点近く伸びていますね。総合点以外の項目は、上がったり下がったりしてるので微妙なところではありますが、今回は3回の結果を1つずつ分析していきます。

1回目から3回目の総合点・チャート合計・音程・安定性・表現力・リズム・ビブラート&ロングトーン(V&L)の結果を表にしました。結果的に総合点は、上がっていますが各評価項目は上がったり下がったりしています。前の結果と比較して、上がった部分を赤く、下がった部分を青くしています。こんなに一つの曲に対して分析することはあまりないかもしれませんが、今回は90点を超える気満々で1回目に挑戦しましたが撃沈し、2回目でいけるだろうと思って再度撃沈し、3度目の正直なのでまじめに見ていきます。

まず、音程については回を追うごとに上がっています。本当は、3回目の挑戦で85~90%までもっていきたかったんですが、細かい部分の音程が取れていないので81%にとどまっています。ここを、90%近くまで上げていけるかどうかが95点を超えられるかに直結してきます。

次に、安定性です。安定性は、85~90の間をいったりきたりなので、得点としては比較的安定しています。安定性はの評価は高いにこしたことはないですが、90点を超えるか超えないかのレベルであれば、85~90近く取れていればそれほど問題にならないので、安定していると言えます。

3つ目に、表現力については83~89くらいの範囲です。これも、90点を超えようとする場合にはそれほど問題にならないレベルです。高いに越したことはないですがね。

4つ目に、リズムです。リズムはそれほど苦労せずとも高得点が期待できる項目です。タメすぎたり、走ったりしなければ95近くが取れる項目です。1回目と3回目は問題ないレベルです。問題なのは2回目です。リズムが大幅に減点されています。2回目の挑戦の採点結果の画面を見ると、リズムの表示は真ん中になっています。真ん中なので、問題ないかと思いきや78点なので1回目と3回目と比べると20点近く引かれています。これは、曲中でタメと判定されている部分と走っている部分があることを示しています。タメと走りの部分があるので、表示としては真ん中になるんですが、リズムの評価としては非常に低くなる例です。リズムで減点されているということは、歌詞が曲のリズムにあっていないということです。つまり、曲をちゃんと覚えられてないってことです。リズムに関しては、曲をちゃんと覚えることができれば確実に改善できる部分です。結果的に、3回目では2回目と比べて大幅に改善しています。一般的に、リズムの項目は99とはいかないまでも95以上は取りたい項目です。

最後にビブラート&ロングトーンです。ビブラート&ロングトーンはビブラートがかけれれていれば、極端に低い点数になることは少ないと思います。今回も、1回目から3回目を通して80点は超えているので90点を超えるだけでよければ、それほど問題にならないです。ただ、ロングトーンで減点されている場合は、曲中の長く伸ばす部分が震えずに出せていないということなので、あまり良くないです。欲を言えば、3回目の挑戦ではビブラート&ロングトーンで90点を超えたかったです。ロングトーンを安定して出せなかったのが、ギリギリ90点になってしまった原因だと思っています。

各項目について、1回目から3回目を詳しく見ていくとどこを伸ばせばいいかがよくわかると思います。チャート合計は、各項目の合計なので、それぞれの項目の点数が上がっていけばおのずと上がっていきます。3回目のチャート合計は435なので、これは90点を超えるという意味では標準的なチャートの点数だと思います。そういう意味でも、各項目で標準的な点数の取り方をして、標準的なチャート合計だったので90点を超えたと言えます。

90点を超えたものの反省ばかり

3回目の挑戦で総合点で90点を超えたものの、反省点は山積みです。まず、音程に関してはサビで何とか稼いで81%まで持ってきましたが、8割あっているということは残りの2割は外しているということなので、曲の細かい部分をしっかり覚えて今後も伸ばしていきたいと思います。また、ビブラート&ロングトーンで90点を超えていないのは、ロングトーンをしっかりと伸ばせていないということで、言い換えると曲の中で安定して伸ばすべき部分が安定していないことを示しています。どこを伸ばして、どこでビブラートを掛けるかが自分の中でちゃんと定まっていないということなので、もう少し曲を分析して高得点を狙っていきたいと思います。

次回に向けて

総合点で90点を超えることはできました。次の目標としては、音程正確率を90%に載せていきたいと思います。音程正確率が90%を超えてくると、サビはほぼ完ぺきで細かい部分もだいだいあっているくらいのレベルに達せると思います。また、曲中でビブラートを掛ける部分と、ロングトーンをきれいに出す部分を区別して、ビブラート&ロングトーンで95点超えを狙っていきたいと思います。(ビブラート&ロングトーンは感覚を掴めば、90点以上の得点がコンスタントに取れるようになるので、早いうちに上げておくと点数が安定します。)Actually…で90点を超えるにはどうしたらいいかという意味での連載は、90点超えを達成したので今回で終了しますが、今後も練習を続けていく予定なので、高得点が取れるようになったら紹介したいと思っています。まずは、95点超えを狙っていきたいと思っています。

まとめ

今回は、Actually…に3回目の挑戦をしてきた結果を紹介しました。何とか90点超えを達成できたので、Actually…の連載は今回で終わりです。記事の中でよくわからない点や、練習しているけど上手くできないということがありましたら、コメント欄かお問いあわせフォームからご連絡いただければお返事できるようにいたします。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

カラオケ

Posted by tokyu351