[ad01]

スポンサーリンク

今の20代ってどのくらいテレビ観るんだろうか?~私がほとんどテレビを観ないのでどうなのか疑問に思う~

みなさんこんにちは。このブログを書いている東急三崎口です。

普段はカラオケと半導体のことを中心に記事を書いていますが、今回は雑記です。前回の雑記では乃木坂46の1期生が残り2人になってしまうことを知ってこの歳になって思うことについて書きました。今回は、今の20代がどのくらいテレビを観ているのか不思議に思ったのでテレビについて書きます。

コンスタントに観る番組といえば

タイトルにも書いたとおり、私自身は普段ほとんどテレビを観ないんです。毎週コンスタントに観る番組といえば、日曜の深夜に「乃木坂工事中」くらいでしょうか。とはいえ、乃木坂工事中はテレビ番組としては珍しく最近の放送話はYoutubeで放送後に即公開されているので、リアルタイムで観ない場合はYoutubeでも問題ないです。というわけで、どうしてもテレビでないと観ることができない番組で毎週観るものはないということになります。普段テレビを観る方からすると、何で観ないのか?と思われるかもしれません。一つ理由として考えられるのが、大学生になった時に(今から10年くらい前です)一人暮らしを始めて、テレビを買わなかったんです。当時は、何を思ったかテレビを買う金額がもったいないと思い、テレビを買っていなかったんです。今から思うと、大した金額ではないんですがどうもテレビを買うのを勿体ないと思っていました。結果的に、1年間テレビ無しで生活していたんですが特に困らなかったんですね。一人暮らしを始めて2年目になるかならないかくらいのタイミングで、大学のキャンパス移動の関係で引っ越してその時にテレビは買いましたがその後もテレビを持っているとはいえほとんど観ることはありませんでした。

緊急の情報はテレビで観るかもしれないけど、それすらネットの方が早いかもしれない

今は、とりあえずテレビは持っていますが電源をつないでおらず、必要なときにコンセントにつながないと観れない状態になっています。捨ててしまうと必要だと思ったときに観ることができないので、捨てるまでには至っていませんが、ほとんど使っていない置物のような状態です。最近、乃木坂工事中を観ること以外でテレビをつけたタイミングは、先日の元首相の銃撃事件のニュースを見たときくらいです。

地震等の緊急事態の場合は、テレビを観るかもしれませんが、よく考えるとネットがつながっていればTwitter等のSNSの方が早く情報を手に入れられるかもしれないですね。信憑性の問題を除けば、ネットの方が早く情報を手に入れられる時代になっていると思います。緊急事態が発生したときは、SNSでデマの情報を拾いたくないので、信憑性の確認のためにテレビをつけるんでしょうが。

過去の番組をストリーミングで観れるなら。。。

テレビ番組は、HDD等がつながった録画装置を買えば録画してあとから観ることもできるんでしょう。とはいえ、かれこれ10年近く録画機能を使っていないのでもはやお金を出して録画機能のある装置を買ったとしても使わないような気がしています。すべての番組が配信されているわけではないのが残念ですが、TVerとかで後から配信されているサービスを利用する方がよっぽど楽な気がします。というか、技術的には放送済みの番組をストリーミング配信できることは明らかなのに、民放・NHK含めて無料で配信してくれないのは何で何だろう?といつも思っています。

テレビ番組を観る可能性があるとすれば、民放とNHKで過去の放送番組をユーザーの好きなタイミングで自由に観ることができるサービスが提供されれば月額課金制だったとしても払いたくなる気がします。放送局は、過去の番組のストックはあるはずで、技術的にも可能なのになんでやらないのか?と思ってしまいます。

スポンサーが広告を出さなくなったらどうするの?

これからの時代、日本の人口は減っていく一方で今までと同じように広告を出していても人口が減っているのでスポンサーが得られる利益は減っていきます。そんな時代に、これまでと同じように広告宣伝費をスポンサーが払えるかどうかは不透明な時代になっていくとすると、テレビに割かれる広告費は減っていくんじゃないかと思います。スポンサーが広告費を払わなくなってしまうと、テレビの製作費も減っていくわけで今まで通りの番組が作れるんでしょうかね。テレビ業界には詳しくないのでわかりませんが、もし製作費が減るとどこにしわ寄せがいくのか気になります。

現代のラジオ番組的な立ち位置になるリスクはないのか

現代ではテレビが普及しているので、ことさらわざわざ聴く方は少ないかもしれまんが、テレビの普及前はラジオが一流のメディアだったはずです。今の時代、ラジオを聴く機会といえば運転しているときのカーラジオくらいでしょうか。(個人的にはRadikoとかでオールナイトニッポンとかを配信で聴いていますが、わざわざラジオを聴く方は少数派でしょう。)もし、インターネットが普及してテレビが現代のラジオ的な立ち位置になってしまったとしたら、どうなるでしょうか。こんなことを言いながら、どんな世界なのか想像できないですが、おそらくテレビが普及する前の時代はラジオが最強のメディアで、ラジオが廃れるなんて考えられなかったであろうことを考えると、テレビが現代のラジオ的な立ち位置になることもあり得ないわけではないと思います。10年後はともかく、30年後どうなっているかなんて誰にもわからないわけですから、そんな時代が来るかもしれません。

まとめ

今回は、今の20代がどのくらいテレビを観ているのかに不思議に思ったのでテレビについて書きました。ここまで読んでくださってありがとうございます。感想等があれば、コメントに書いていただけるとうれしいです。面白いと思ったことや、非日常なことが起こったら随時更新していきます。今回の記事はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

雑記

Posted by tokyu351