[ad01]

スポンサーリンク

精密採点DXで90点を目指すには?(3) カラオケ採点結果の見方(音程編)

2022年7月5日

みなさんこんにちは。このブログを書いているtokyu351です。

前回の投稿では、DAMに入っている採点・コンテンツと採点結果の大まかな見方について紹介しました。今回は、実際に点数を上げていくにはどうしたらいいのか(音程編)として、点数を上げるために一番重要な音程について解説していきたいと思います。

精密採点DXの評価項目で、どれが一番点数に効くのか?

精密採点DXでは、5つの評価項目から点数が算出されることは前回の記事で紹介しました。点数に影響を与える順番に並べるとこのようになります。

  1. 音程
  2. ビブラート&ロングトーン
  3. 表現力
  4. 安定性
  5. リズム

1~5の並び方は、人によって考え方が変わるかもしれません。ただ、精密採点で80点台以下の点数の人が90点を取るために取り組むためには、私はこのような順番になると思っています。何より、音程の正確率を上げていくことが大切です。

音程正確率はどうやって判定されているのか?

精密採点DXでは、音程正確率はどのように判定されているのでしょうか。カラオケで音程があっているか外れているかを判定している基準は、画面に表示される「音程バー」と歌っている「」の音程があっているかどうかです。音程バーは、採点時に画面に出てくる白い棒のことです。

採点時に出てくる音程バー

写真のように、画面の上側に出ている白い棒が音程バーです。歌っていると、縦線が横にスクロールしていって、音程があっていれば白い棒が黄色に、外れていれば白い棒が赤色になります。このように、自分が歌っている音程が音程バーとあっているかどうかは視覚的に確認することができます。絶対音感が無くても大丈夫です。大まかにいうと、音程バーがすべて黄色になっていれば音程があってるように見えます。しかし、音程バーがすべて黄色になっていたとしても音程正確率が100%になるわけではないんです。これが、音程正確率を合わせようとしたときの罠です。では、どうやったら音程正確率を上げることができるのか。音程バーの例を出した写真の中央付近を見ていただくと、縦線があってその近くに青く光っている点が見えないでしょうか。この青い点が自分の出している音程を示しています。精密採点DX-G(LIVE DAM STUDIUMでできる方です)では(精密採点DXの場合は下記の注を参考にしてください。)、白い音程バーの中央に青い点がきたときに、音程が正しいと判断します。しかし、画面上で白から黄色に変わる基準は、白い線の中に青い点がきたかどうかが基準です。つまり、白い棒の範囲から青い点が外れると赤色になります。そして、白い棒の上下方法には少し「幅」があります。(実際にやってみるとわかるんですが、正しいと判断される音に対して半音分くらい上下に幅があります。)この「幅」があるので、音程バーを全部黄色にしたとしてもあまり音程正確率が上がらないという現象が起こるのです。とはいえ、赤色がたくさんあるより黄色が多い方がいいことは間違いありません。

注:精密採点DXの場合の音程バー

精密採点DXの場合は、音程バーが表示されることは精密採点DX-Gと変わりません。ただ、カラオケの機械が音程バーと自分の声があっていると判断する場所が変わります。精密採点DX-Gの場合は、自分の声の音程を表す青い点が音程バーの中央にあれば正しいと判断されます。しかし、精密採点DXの場合は青い点が音程バーの上端にある時に音程が正しいと判断されます。これを勘違いしていてわけがわからなくなった時期が私はありましたので、注意していただけると幸いです。

機械が判定している音程正確率を歌唱中に知ることができるのか?

音程バーが黄色になったとしても、必ずしも自分の声が音程バーとあっているかが判断できないことは先ほど説明しました。1曲歌い終わったあとに採点画面を見れば、音程正確率を知ることができますが歌っているときに音程正確率を知ることができればさらに音程正確率を上げていくことができそうですよね。実はだいたいであれば、知ることができるんです。みなさんは、音程バーが右側までスクロールしたあとor途中で星みたいなものが流れてくることに気づいたことはないでしょうか。実は流れてくる星の色によって、表示されている音程バーの領域の音程正確率がおおよそわかるんです。流れてくる星の色と音声正確率の対応はこのようになっています。

  • 虹色:90%以上
  • 黄色:80%以上
  • 赤色:70%以上
  • 青色:60%以上
  • 無し:60%未満

しれっと採点中の画面で、おおよそ10%刻みで音程正確率を表してくれていたんですね。それぞれ採点中にどのように見えるかを上げています。

虹色の時
黄色の時
赤色の時
青色の時

音程正確率を上げるにはどうしたらいいのか。

歌っているときに音声正確率を知る方法はわかりました。それでは、音程正確率を上げるためにはどうしたらよいのでしょうか。精密採点DXをやったときに出てくる音程バーと青い星を見ながら、音程バーに合うように繰り返し練習するのが一番早いです。結局それしかないのか。。。と思われた方もいるかもしれません。実際ある程度練習しないとできるようにならないです。しかし、音程バーと青い点に気を付けていれば客観的に音程があっているかずれているのかを知ることができるので、上達は格段に早くなります。音程正確率を上げるときに選ぶ曲の方向性を示します。ポイントは2点あります。

  • 自分が無理なく出せる音程の曲を選ぶ
  • テンポがゆっくりな曲を選ぶ

この2つがとても重要です。高い音を出すのが難しい理由や男性向け女性向けの選曲については、別途記事を書く予定なのでここで詳しくは書きません。ただ、テンポが早い曲(例:裏表ラバーズ)やすごい高い音程の曲(例:カゲロウデイズ)は音程を合わせるのがそもそも難しいのはわかっていただけると思います。ご存じない方のために曲の例はYoutubeの公式動画を張りました。(例がボーカロイドの曲で、しかも古い曲なのは著者の年齢のせいなので深い意味はありません。過去にボーカロイドを歌って得点を取るにはどうしたらいいかを必死に考えていた時期もあるので、機会があれば記事にしたいと思います。)みなさん自身がどんな曲を知っていて、どの程度の高さの音域まで出せるのかはわからないので、そこはご自身で選んでいただけたらと思います。音程が取りやすい曲の例を強いて挙げるとすれば、男性なら「情熱の薔薇」、女性なら「津軽海峡・冬景色」でしょうか。(男性の曲は筆者が同性なので、よくわかるんですが、女性がどんな曲が歌いやすのかはベースの音域にもよるので、参考程度にしてください。)

というわけで、今回はカラオケ採点で最も重要な音程について解説してきました。次回は、「カラオケで歌う曲の選曲について」、「カラオケ採点で、音程の次に大事な項目」、「歌いたい曲はあるんだけど、高くて歌えないときはどうしたらいいの?」のどれかについて解説していきたいと思います。今回も記事を読んでくださりありがとうございました。また次回お会いしましょう。

カラオケ

Posted by tokyu351