[ad01]

スポンサーリンク

マイマイクを使うだけで点数up~精密採点で高得点を取れる人が100点を取る方法~

みなさんこんにちは。このブログを書いている東急三崎口です。

カラオケ編の前回は、、Actually…に3回目の挑戦をしてきた結果について紹介しました。今回は、マイマイクを使うだけで点数upできる方法について解説します。精密採点で高得点を取っている方かたすると、当たり前の方法かもしれませんが、実際にマイマイクを使った結果をレビューしている記事が見当たらなかったので私の実際の採点結果をもとにマイクの効果をレビューしていきます。

本当にマイクを変えるだけで点数upするの?

精密採点で高得点を取られている方の中では、当たり前になっているかもしれませんが、ご存じない方のために紹介します。DAMの精密採点DXと精密採点DX-Gでは、あるマイクを使うと点数がUPすることが知られています。検索サイトで、「精密採点 マイク」と入力して2番目に出てくるサイトでは、このマイクのことが紹介されています。私自身も、相当昔(6~7年前)からこのマイクの存在は知っていました。ただ、どうもこのマイクはお店のマイクを使って98点近く取れるようにならないと効果が見えないようで、買うのを躊躇していたんですね。そうこう言っているうちに、精密採点で98点近くを取ることができるようになってきたんですが、100点を取るのがどうしてもできなかったんです。そこで、意を決してあるマイクを買ってみました。ちょうど4年前くらいです。このマイクを使って1~2回カラオケに行ったあとに、拍子抜けするくらい簡単に100点が出せてしまいました。そのくらい、最初に使ったときは衝撃を感じたマイクです。

おすすめのマイク

じゃあ、どのマイクなのかというとCM-2000というマイクです。マイクを買うと考えると、高価なイメージですがこのマイクは税込1540円で買えちゃうんです。拍子抜けの安さではないでしょうか。飲み会1回分より安い値段でマイクが買えてしまうんですよ。興味がある方は、だまされたと思って買ってみてください。下に楽天市場で買えるリンクを張っています。

一般的なワイヤードのマイクです。今となっては、カラオケでもワイヤレスマイクが当たり前なので、ワイヤー付きのマイクを使う機会はあまりないかもしれませんがワイヤー付きです。ワイヤー付きのマイクなので、充電等も不要で正しい接続方法で使っていれば、いつまででも使えます。

マイクはこんな見た目をしています。

マイク本体
ケーブル

マイク本体とケーブルが入っています。付属品のケーブルがすぐ断線するというレビューが載っていたので、予備のケーブルも同時に買いましたが私が使っている限り付属のケーブルが断線したことはありません。もう4年くらい使っているんですけどね。マイク本体についているスイッチが、マイクのオンオフを切り替えるスイッチです。ケーブルの方の、赤くなっている部分がマイク本体とつなげる部分です。マイクとケーブルをつなげるとこんな見た目になります。

ふつうに、マイクとケーブルがつながった見た目をしています。ケーブルのマイクとつながっていない端子をカラオケの機械につなげることでこのマイクで歌うことができるようになります。ただ、マイクとカラオケの機械をつなげるときに注意点があります。

接続方法の注意点

実際にマイクをカラオケの機械につなげるときには、カラオケの機械のマイク端子につなぎます。下の写真はLIVE DAM STUDIUMの機械です。右側にある、「1マイク2」と書いてあるところのどちらかに端子をつなぎます。この時に、必ずカラオケの機械の「マイク音量」を0にしてから端子を入れてください。そうしないと、カラオケの機械が壊れる危険性があります。カラオケの機械は数百万円するものなので、ここの取り扱いは慎重かつ自己責任で行ってください。

実際に使ってみたらどうなったか

というわけで、ここからは実際に私がこのマイクを使ったときとお店のマイクで採点したときの結果のレビューです。入れた曲は、「宇宙戦艦ヤマト」と「魂のルフラン」です。どちらの曲も100点を複数回出したことのある曲です。入れた順番としては、2曲連続でお店のマイクで歌った直後に、CM-2000のマイクを使って2曲を歌いました。同じ日にほぼ連続で歌っているので、フラットな条件で比較しています。それでは、それぞれの曲の結果をレビューしていきます。以後、カラオケ採点で点数が上がると言われているマイクを品番の「CM-2000」と書きます。

1.宇宙戦艦ヤマト

まず、宇宙戦艦ヤマトの結果からです。

店のマイク
CM-2000

左側が店のマイクの結果で、右側がCM-2000を使った場合です。見比べて明らかですが、CM-2000の方が点数が上がっています。というかCM-2000使うと100点出てますよね。総合点で言うと、1.669点上がっています。総合点が上がりましたよというだけでは、面白くないので細かい評価項目についても見ていきます。

宇宙戦艦ヤマトの場合の、各項目とチャート合計点、総合点を細かく見るとこのようになっています。100点取ってるといっても、このくらいしかチャート合計が出せてないのはお恥ずかしい限りなんですが、それはさておき中身を見ていきます。個別の項目は、どちらのマイクで歌ったときもほとんど変わっていないんです。むしろCM-2000で歌ったときの方がチャート合計としては1点下がっているんです。一般的に、チャート合計点が高い方が高い点数になる傾向があるんですが、それにしてもチャート1点しか変わらないのに、総合点に1.6点も違いが出ているのは大きな差なのではないでしょうか。カラオケ採点界隈では、CM-2000を使うと「裏加点」と言われる加点が入って点数が伸びると言われています。実際に精密採点のアルゴリズムを見ているわけではないので、細かい部分はわかりませんが、事実としてCM-2000を使うとチャート合計点がほとんど変わらないのに100点を出せています。1曲の結果だけでは、たまたまかもしれないのでもう1曲も見ていきます。

2.魂のルフラン

というわけで、2曲目の魂のルフランの結果を示します。

店のマイク
CM-2000

左の結果が店のマイクの結果で、右の結果がCM-2000を使ったときの結果です。CM-2000を使ったときの方が、点数が上がって100点になっています。総合点として上がったのは、1.342点です。精密採点で満点を狙って練習されている方であればわかると思うんですが、98点を超えてきてからの1.3点って結構大きいんですよね。魂のルフランについても、細かい評価項目についてみていきます。

今回も、店のマイクの時とCM-2000を使ったときとで、個別の評価項目とチャート合計点はほとんど変わっていないです。CM-2000を使ったときの方が、むしろチャート合計点としては1点下がっています。チャート合計点が1点下がっているのは、宇宙戦艦ヤマトの場合と同じですね。狙ってできることではないので、これは偶然です。とはいえ、CM-2000を使った場合の方がチャート合計点が下がっているのに総合点としては上がっていて100点を取れているということは、CM-2000の力を物語っていると思います。

約1.5点伸びる結果に

2曲を使って、店のマイクとCM-2000の結果を比べてみました。結果としては、チャート合計点がほとんど同じ場合でも平均的に1.5点程度点数が上がっていることがわかりました。たかが1.5点と思われるかもしれませんが、98点を超えてからの1.5点はかなり大きいです。98点を超える点数を取ろうとすると、チャート合計で450~460を超えてきているはずです。そうすると、5つの評価項目で平均的に9割を超えていないと到達できません。平均的に9割を超えたところから、チャート合計を伸ばそうとすると各項目で95%近くを取りにいかないといけないわけです。すべての項目で95%以上をコンスタントに取るのは難しくなってきます。というわけで、マイクを使って1.5点upが期待できれば100点を取れる確率が高くなります。

お店のマイクで98点以上取れないと効果がわからない

先ほど紹介した例のように、店のマイクを使って98点近くを取れている場合にはCM-2000の効果を実感することができると思います。ただ、店のマイクで98点(悪くても95点以上)を取れていない場合CM-2000の効果を実感できないです。その例として、私がカラオケの1曲目として使っている神田川の例をご紹介します。

店のマイク
CM-2000

左側が店のマイクの結果で、右側がCM-2000の結果です。先ほどと逆で、CM-2000を使った場合の方が点数が下がっています。今まで説明してきた、マイマイクで点数が上がるという話と逆じゃないかと思われる方もいると思います。個別の評価項目についてみてみるとこうなります。

店のマイクの時と、CM-2000の時を比べるとCM-2000の時の方がチャートが大幅に下がっています。これはどういうことかというと、チャート合計の落ち幅がCM-2000を使って期待できる裏加点を上回っていると、CM-2000を使った効果が実感できないということです。要は、チャート合計が460~470程度の点数で安定して取れる場合は、店マイクとCM-2000を比べたときにチャート合計の変化がほとんどないので、CM-2000の裏加点の効果で点数が上がることを実感できます。一方、チャート合計点が400~440点程度の場合、おそらくチャート合計点を高いレベルでコンスタントに取ることができていないので、CM-2000の裏加点よりもチャート合計の振れ幅の方が大きくて、マイクの効果を実感できなくなってしまうことになります。この場合、マイクの効果よりも自分の調子の良しあしの方が点数に大きく影響を与えてしまいます。

というわけで、マイクを使って点数upを狙うことができて、100点も夢じゃないことは事実です。ただ、このマイクの効果を実感するには店のマイクを使って98点近くをコンスタントに取れる必要があるというのがこの記事で言いたいことです。誰でも、このマイクを使えばすぐに100点が取れるというわけではないのでご注意ください。

まとめ

今回は、マイマイクを使うだけで点数upできる方法について解説しました。長くなりましたが、ここまで読んでいただいてありがとうございます。記事の中でよくわからない点や、練習しているけど上手くできないということがありましたら、コメント欄かお問いあわせフォームからご連絡いただければお返事できるようにいたします。それでは、今回はここまでです。次回の記事でお会いしましょう。

カラオケ

Posted by tokyu351